セレブも集う3A地区!!デートに誘いたくなるアートフレンチ3選

セレブ街でおなじみの麻布・赤坂・青山。こんなお店に誘われたら本気で恋しちゃうかも♡
東京屈指のブランドタウンが誇る、"食べられるアート"をご紹介!

ランベリー

『L'EMBELLIR』(南青山)

青山エリアの中心ともいえる南青山は、国内外の有名ブランドが軒を連ね、ファッションだけでなくカルチャーの発信地としても名高い。

『ランベリー』は日本の滋味をコンセプトとしたフレンチ。素材の繊維にまで着目した、岸本直人シェフの美食への飽くなき探求心は、最高級を食べ尽くした青山マダム達からも絶大な支持を得ている。

新鮮で香り高い食材が華やかに皿を彩る美しい料理の数々。花畑の気品をまとわせた「山菜と貝類 クレームドセザム」は目も舌も肥えた女子にも大好評だ。

ちなみに『ランベリー』の密かな名菓であるオリジナルのクグロフは、"美味しいを超えた大人のスイーツ"として大人気。

取り寄せも可能なので、ご自宅で堪能されたし!
https://shopping.tokyo-calendar.com/item/178

タカザワ

『TAKAZAWA』(赤坂)

「赤坂」という名の通り坂が多いこの街は、地形の高低差により街の表情が異なる。都内でも屈指のグルメエリアとして知られ、路地裏にひっそりと佇む名店も数多い。

日枝神社のほど近く、外堀通り沿いのビル2階に店を構えるのは、2012年にリニューアルを行った『TAKAZAWA』。

シェフや業界人の間で注目される世界的な食イベント『世界のベストレストラン50 アジア大会』にランクインを果たす実力店だ。

極上の素材を用い、ゲストのために腕を奮うオートクチュールの料理は、クリエイティビティに溢れている。日本の食材をふんだんに取り入れた新鮮な味わいと美しい盛り付けは女子ウケも良く、特別な感情を呼び覚ます効果が期待できるかも!?

※この店舗は、現在閉店しています。

これ、実は「プリン・ア・ラ・モード 」なんです!

オルタシア

『hortensia』(麻布十番)

※この店舗は現在、閉店しております。この記事は閉店前の情報です。

高級住宅地なのになぜか親しみやすい麻布十番。新旧を問わず名店が多いため、わざわざ訪れたい美食の街なのはご存知の通り。

『オルタシア』は、地下階でありながら開放感溢れる空間。
パティシエ経験もある古賀哲司シェフが生み出す料理は、思わず食べるのを躊躇してしまう美しさ。まさにテーブルを彩るアートだ。

鮮やかな色遣いと大胆な盛り付けが印象的だが、皿の上に配した食材をどのように組み合わせても絶妙なハーモニーが味わえる。ただ美しいだけではないのだ。

『The New York Times』にも掲載されたこの店は、感度の高い女子にも喜ばれること間違いなし!


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ