東京カレンダー編集部による、恋のレストラン道場 Vol.1

教えて東カレさん! 先輩との初デート、成功するお店は?

東京カレンダー編集部が、読者の皆様のお悩みにお答えします。


都内メーカーに勤務している28歳の男です。僕は、社内に好きな人がいます。隣の部署の2つ上の先輩です。気風がよく、皆から「姉さん」「アネゴ」などと言って慕われている女性です。本人も、それを自覚してあえてアネゴ風を装って強がっているように見えます(本当は、3人兄弟の末っ子で甘えん坊な一面があることを知ってます)。ランチをご一緒したこともありましたが、いつも「先輩だからいいの。◯◯くんも、後輩に奢ってあげてね」と言ってさらりと伝票を奪っていきます。

しかし、そんな先輩に、今度仕事の相談があると偽り、初めてふたりだけのごはんに誘うことに成功しました。こんな関係の中、どのようなレストランを選べばよいでしょうか?東京カレンダー編集部のみなさんならどうしますか?

“肉”で年下らしいアピールを。(副編集長:日紫喜)

『ウルフギャングステーキハウス』の「 プライム リブアイステーキ」500g¥9,612。

きっとその先輩は30歳ですし、百戦錬磨な香りがしますねえ。ここは小洒落たフレンチよりも、ストレートに肉。年下らしく「肉食いたいです!」でいいんじゃないでしょうか? ステーキハウスが良いと思います。

元気にお肉を食べていれば、お相手も気を遣わず、口説いている感じもしない。しかし、ステーキハウスからにわかに香る色気で、デートの雰囲気を作るのです。お会計は料理1万円、ワインで1万円の1人あたり2万円くらいが適性でしょうか。高すぎると相手に気を遣わせてしまいますからね。もちろん、デートですからお会計はこちらが持ちます。

無邪気なんだけど、押さえるところは押さえる。そんな展開がお勧めです。ステーキハウスの鉄板である『ウルフギャング』や『Ruby Jack's』あたりが良いのでは。

相手に選ばせればいい(副編集長:昌保)

「年上」。甘美な響きですね。同い年でも女性の方が何かしらと経験豊富。そんな相手に太刀打ちしようという考えが間違ってる。正解は「相手に選ばせる」ことです。

その時にいきなり「何を食べたいですか?」と聞くのではなく、たとえば「僕はイタリアンが食べたいんですけど、○○さんはどうですか?」と聞く方がいいらしいです。根拠は忘れましたが、脳科学者の誰かが言っていました。

そこで「フレンチが食べたい」と返ってきたとする。そのジャンルで自分が知っている店を提案する。日頃から各ジャンルで知っているお店をストックしておく必要があります。東京カレンダーを読んで、ぜひストックを溜めてください(笑)

男を見せるのはまだ早い! 小僧よ、奢ってもらえ!(編集長:大槻)

なに? 君は28歳か。君が男をみせるのは来年でもいいじゃないか! 若さという特権を十二分に活用して、甘えて甘えて奢ってもらえ。お会計を自分で持つということは考えなくていいんだ。相手の自尊心を傷つけず、自分の財布も傷つけない。それが年上女性に対する、28歳男のデートってもんだ(……遠い目)

百戦錬磨のお姉さんにとっては、年下が頑張りすぎても響かないんじゃないか。素直に身を委ねろ! ストレートに「美味い美味い!」といって笑顔で飯を食っていればいいんだ。それだけでお姉さんも癒されるに違いないだろう。

相手にご馳走してもらうとはいえ、明朗会計のところの方がイメージが付きやすくて良いかもしれない。ワインのペアリングを楽しめる『CORK』なら、ワイン込みでコース1万円だ。

『CORK』の椅子の高いコの字型カウンターは、年上女性に甘えるにはうってつけ?


とりあえず無理にカッコつけることは考えなくていい。28歳の男の強みが何かを考えた上で、振る舞えばいいんだ。

3者3様の回答で、まさかのオチ。しかし、よくよく考えると、大槻編集長の意見は深い。。。

ご相談者のデートがどうなったか、ぜひ続報を聞かせてほしい。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京カレンダー編集部による、恋のレストラン道場】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ