恵比寿民がこっそり教える、 “俺の恵比寿” Vol.5

恵比寿ワーカー直伝!オシャ街・恵比寿の“本能が求める”絶品ランチ

恵比寿をよく知るには、この街をベースとする人達に話を聞くのが一番てっとり早く的確。そこで、恵比寿歴6年以上、日々ランチや残業飯を開拓しているみなさんに話を聞いた。

焼き魚定食(¥1,080~)はじめ、ランチには常時12種類の魚のおかずが揃う。魚はすべて天然もの。その味に魅了され、平日毎日来るお客もいるとか。夜はおまかせのコース(¥5,400)があり、お造りや焼き魚も含められている。

すべてが上質な焼き魚定食は
毎日でも食べたい絶対のランチ

恵比寿で10年働く杉山さんが「できれば毎日でも行きたい」と話すのが、『食彩 かどた』。ここの焼き魚定食を目当てに、オフィスからちょっと歩いてでも店に通う。「恵比寿では20軒ほどの和食屋さんに行きましたが、そのなかでもここがピカイチ。炭火で焼かれた魚のクオリティはもちろんですが、お替わり自由の白飯に大根おろしとおかかをかけ、そこに醤油を数滴たらしかき込むのが至福のときです。ファンが多いので並んでいることもありますが、店のオペレーションがしっかりしているのでさほど待たずに入れます。サラリーマンの昼の休憩は1時間しかないということを、ちゃんと心得ているんだなと感じますね」

店名にある『モンタンベール』はフランスの登山鉄道、およびその終着駅の名であり、店主の「この店を料理人としての終着駅にしよう」という想いが込められている。フレンチ出身で洋食メニューも充実。オムレツカレー(¥1,080)

恵比寿民が復活を熱望した
誰もがくせになるカレーライス

山本さんが5年前からお気に入りだったのが、カレーライスの店『モンタンベール』。しかし3年前、恵比寿民に惜しまれつつも店は一時閉店。その後、店主が人形町に店をかまえたところ、恵比寿からのお客も多く訪れ、みな温かな言葉をかけ応援してくれたのだそう。そんなお客への感謝の気持ちもこめ、店主は昨年ついに恵比寿に店を復活させた。「カレーはオリジナルとスパイシーの2種類がありますが、僕はいつもスパイシーを選びます。ここでの定番は、ドライカレーが美味しいオムレツカレーとハンバーグカレー。ハンバーグカレーは、肉に混ぜられた玉ねぎがとても甘くて、ここのハンバーグが一番好きかもしれません」


東カレアプリダウンロードはこちら >

【恵比寿民がこっそり教える、 “俺の恵比寿”】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ