大皿料理をふたりでシェア Vol.1

豪快に喰らえ!有名ビストロで大人気の大皿肉料理

大皿といえば、やっぱり肉でしょ!ということで、あの人気店がおすすめする肉の一皿をご紹介。バラエティに富んだラインナップは、見ているだけでも楽しい気分になってくる!

大ぶりはソーセージは大胆な食感が魅力。シェアにふさわしい一皿。¥1,850

LE BOUCHON OGASAWARAの“大きい自家製ソーセージのグリエ”

深夜まで営業している人気店。皿の上に鎮座する「大きい自家製ソーセージのグリエ」は、オープン時より続いている『LE BOUCHON OGASAWARA』らしい一皿だ(要予約)。

豚の部位8種類を使用して粗挽きに仕上げ、バリッ!ジュワッ!という食べ応えがたまらない。ソーセージというよりもまるでハンバーグやステーキにナイフを入れているような感覚に陥ってしまう。

レバームースや豚肉のテリーヌなど、早くて旨いメニューが1皿¥580からそろっているのも嬉しい。

こちらは、コース¥2,800のメイン料理(+¥220)として楽しめる

L'AMITIEの“ホロホロ鳥のロースト グランメール”

15周年を迎えた、プリフィクスコースで味わうフランス料理店。ディナーコースが¥2,800というコストパフォーマンスのよさから、1 ヵ月先までしか受け付けていない予約はすぐに埋まってしまう人気ぶりだ。

メイン料理で選べる「ホロホロ鳥のロースト グランメール」(入荷状況による)は、2人で丸ごと1羽供されるメインディッシュ。40 ~ 50分かけてじっくりと火を入れた鶏は、しっとりとした食感で冷めても味わい深い。

「ビストロは、豪快で気前よく!」と語る宮下清志シェフらしい一皿だ。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【大皿料理をふたりでシェア】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ