5,000円以下で食べられる!人気のカジュアルレストラン Vol.2

都内屈指の南インド料理カレーを擁する押上のカフェが人気

世界中を旅した料理人の店主・伊藤一城氏が手がけるスパイス料理が楽しめるのが、ここ『スパイスカフェ』。

店名に「カフェ」と入ってはいるものの、カレー屋としてカレーラヴァーの間では都内屈指の人気を誇る。押上という都心から少し離れた立地にも関わらず、連日人が絶えない人気店だ。

多種のスパイスを使ったカレーが並ぶ。奥に見えるは新メューで、インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」。炊きたてを出すのは日本ではここくらい。

南インドは「さらりとしたカレー」が特徴

カレーは定番4種、日替わり2種の中から選択可能。『スパイスカフェ』最大の特徴は店主の伊藤氏が本場で学んだ、南インドカレーだ。

とろみのある北インドのカレーに対して、南インドは主食の米飯になじみやすい、さらりとしたカレーが特徴。野菜や豆をふんだんに使って油脂を控えるため、胃への負担も少ない。

「ビリヤニ」を皿に移したところ。スパイスの香りが広がる。

炊きたての「ビリヤニ」を食べられるのは日本ではここだけ!?

定番コースはプリフィクス形式。南インドのカレーを主体にふるまうが、カレーの他に数皿食べても食後感は良好。

前菜で盛り合わせを選べば、「人参のサラダ クミン風味」や「ジャガイモのロースト ニゲラ風味」など、各々のスパイスの個性を活かした数品が楽しめる。

お腹に余裕があれば、インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」も食べておきたい。香り豊かな高級米のバスマティライスに具材をのせ、サフランなど多彩なスパイスと共に炊き込んだもの。インドでは結婚式などに食べられるご馳走で、芳醇な香りに引き込まれる。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【5,000円以下で食べられる!人気のカジュアルレストラン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ