恵比寿民がこっそり教える、 “俺の恵比寿” Vol.2

オールアバウト編集部イチの食通が教える恵比寿デート飯

食情報の雄、オールアバウト編集部。そんななかにいても、一目置かれている男がいる。その編集部イチの食通が教える恵比寿デートに使える店をご紹介。

curated by
大塚 晋

ガレット スタンド

こちらはハム、卵、グリュイエールチーズが入った“コンプレット”(¥500)。“キャラメルブールサレ”(¥500)などデザートガレッドも安定の美味しさ。ガレットに使用する蕎麦粉は店舗で直前にひき、蕎麦粉100%で焼いている。

さまざまな食コラムを発信するオールアバウトのなかでも、大塚さんは編集部イチの食通として社内の信頼が厚い。

実際に恵比寿の名店について伺っても、セレクト理由に手練なコメントが多数。とくにデートにおすすめの店のリストアップがお得意のよう。

新店のチェックも抜かりなく、昨夏にオープンした『ガレット スタンド』への評価が高い。「ガレットは日本ではなぜか値段が高いですが、ここは本国フランス同様、安くてカジュアルなお店。ガレットがすべて¥500ですからね。ふらっと入って、焼きたてのガレットをシードルと一緒に楽しむデートもありでしょう」

削りたてのコンテがふんだんに入り、卓上でサーブされる“コンテのリゾット”(¥2,000)。具材は2月は菜の花と胡桃、春になると筍が入る。春先は山羊が子供を生む時期でミルクをたくさんつくるので、山羊のチーズもおすすめ。

「グルメ好きの女性を連れて行くのに手堅いのが、酪農農家ビストロの『スブリデオ レストラーレ』。常時25~30種類のナチュラルチーズが並ぶ、チーズ料理の専門店です。チーズそのものからスイーツまで、何でも美味しいですが、とくにコンテのリゾットは濃厚で絶品ですよ!」

他ココにも行きます

『SOUQ(スーク)』は有機野菜にこだわり、女性を美しくしてくれる隠れ家イタリアン。ウェスティンホテル東京『ザ・テラス』のビュッフェのクオリティを絶賛する

■プロフィール
おおつかしん
オールアバウト エディトリアルメディア編集部コンテンツフィードG マネージャー
編集プロダクション、リクルートを経て、2008年オールアバウト入社。グルメ情報担当の後、現在はサイト全体の集客を担当。またクラシック音楽についての執筆も行っている。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【恵比寿民がこっそり教える、 “俺の恵比寿”】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ