あのクリエイターのここぞのチカラ飯 Vol.2

人気ブロガー“はあちゅう”が愛す、男勝りなチカラ飯

“はあちゅう”こと伊藤春香さんが疲れたら食べる、癒しの美食とは

「最近読んだ本に『愛情の込もったものを食べると心が落ちつく』とあって、改めて美味しい食事は癒しだなと感じています」そう語るのは食べ歩きの女王としても知られる人気ブロガー・はあちゅうこと伊藤春香さん。

最近フリーランスになりますます多忙な彼女を癒す、うなぎ・ステーキ・豚カツとは。女性ブロガーという肩書きから、少しイメージの離れたチカラ飯はどれも疲れた東京GENTSにぴったりのがっつりメニューだった!

うな重(¥3,950)

西麻布 いちのや

「最近しみじみ美味しいなと感じるのがうなぎ。細胞が生き返る気さえしますね。特に『西麻布いちのや』がオススメ」

注文を受けてから、うなぎを生け簀から取り出し調理を始める。こだわりはしっかりと蒸すこと。これによって、ふっくらとしたうな重に仕上げることができる。創業以来つぎ足した秘伝のタレも自慢。「フワフワでパリっとしたうなぎが絶品です」

ビーフステーキ(¥2,160)

銀座みゆき館 銀座2丁目店

銀座に数多くある喫茶店の中でも長い歴史を誇る同店。スイーツから本格的な食事まで楽しめる。南仏がコンセプトの店内は落ち着いた雰囲気で全部で142 席も。「名物のモンブランも美味しいけど、ここに来たらステーキ。ここぞの時にいただきます」

朝9時からオープンしているのも魅力だ。「お互い忙しくて時間が取れないなんてカップルには、朝ステーキを食べてお互いにパワーチャージ!なんて楽しいですよね」とパワフルな伊藤さんならではのデートプランの提案もしてくれた。

なっとく豚ロース(¥2,300)

豚組

毎日仕事が続いた時に伊藤さんが英気を養うために行くというのが『豚組』。「カラッと揚がった衣にしっとりとしたお肉が美味しい。私のナンバーワンのとんかつ屋さんです」

日本全国の銘柄豚を食べ歩き、理想の豚肉を厳選。その数約70種類。その中から日替わりでオススメを味わえる。独自に開発したという、オリジナルブレンドの揚げ油でカラッと仕上げられている。「理想のトンカツ。特に、旨みの詰まったお肉の脂の美味しさと言ったら!」

■プロフィール
いとう はるか 大手広告代理店勤務後、「トレンダーズ」にてメディアの編集長に。2014年に独立後は雑誌連載から執筆、テレビ出演などで活躍。近著に『半径5メートルの野望』(講談社)


東カレアプリダウンロードはこちら >

【あのクリエイターのここぞのチカラ飯】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ