変わりゆく東京、進化するグルメ 「東京美食エリアガイド」 Vol.4

『銀座』
街の格を負う和の新鋭 Part2

銀座は有名無名問わず多くの料理人が目指す街。
そしてその味を求めるお客が集う街。
生き馬の目を抜くこの場所だからこその、物語がある。

セトウチリョウリ スミノエ

瀬戸内料理 すみのえ

生口島の老舗旅館が紡ぐ、瀬戸内海の鮮魚をいただく。

瀬戸内・生口島の老舗『住之江旅館』。その4代目大谷やすふみ氏が地元の魚介を東京で、と、銀座に店を構えた。料理は、新鮮な状態で瀬戸内から空輸された季節の鮮魚を、一連のコースに仕立てる。

ギンザトヨダ

銀座 とよだ

まさに和食のハイライト、舌で感じる日本の季節。

「季節ごとに旬の素材や味わいがある。それが和食のハイライトです」と岡本圭一氏。先付、椀、お造りと続くコースは季節や仕入れに応じ供され、甘み、塩け、酸味、温冷などの五味五感が堪能できる。

ニホンリョウリ ギンザ オオノ

日本料理 銀座 大野

日本料理の正統派が紡ぐ本格派、職人とソムリエの饗宴。

銀座コリドー街の袋小路の奥に佇む一軒家。素材を生かしつつ、手をかけた料理は、どれも鮮やかに印象に残る。ワインは、精鋭ソムリエがセレクトし、正統派の日本料理とのマリアージュが楽しめる。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【変わりゆく東京、進化するグルメ 「東京美食エリアガイド」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ