ファーストデート・女の採点表 Vol.2

ド直球ストレートな虎ノ門法律事務所弁護士(36)とのファーストデート

「愛子ちゃん、あけましておめでとう!覚えてるかな?雅人です。」

新年と共に続々と入る男性からのザオラルメールにはうんざりだが、1通のメールに目が留まる。クリスマスパーティーで出会った弁護士の雅人(36)だ。弁護士もピンキリだが、大手4大法律事務所のどこかに勤めていたと記憶している。愛子のチェックは抜け目がない。

「あけましておめでとうございます。覚えてますよ。笑」

淡白ながら文末の「笑」に親近感と隙を作ってジャブを返す。すると雅人からすぐに返事が来た。

「2015年最初のお誘いを愛子ちゃんにしたい。青山のフレンチにお付き合い頂けませんか?デザートが美味しくて、きっと気に入ってもらえると思う」

ストレートなオファーをくれた男性には正々堂々と向き合う。それが愛子の流儀だ。

閑静な住宅街、若干迷子になりながら辿り着いた「L'AS」が今夜の舞台。表参道から外苑前へ移転後も人気が続く予約困難な店らしい。高級店さながらの素敵なインテリアとは裏腹に、コースは5,250円の一本とリーズナブルなのが人気の理由だという。

スタイリッシュな建物から漏れる温かい光と活況なムードに素敵な夜を予感し否応無く胸がときめく。女性は、設定されたお店に自分の価値を見出してしまう節があるが、雅人にとって、自分が遊びではないことを感じ取りまんざらでもなく笑みがこぼれた。

雅人は先にテーブルに座っていた。早速スパークリングワインを2つ頼むとコースが始まる。一皿目が運ばれてくるなり、愛子のテンションは一気に上昇した。有名アイスブランドの商品から着想を得たフォアグラのクリスピーサンドがこのお店のスペシャリテらしい。

見た目の可愛らしさもさることながら、濃厚なフォアグラとラズベリーの酸味、ぱりぱりの食感が面白く、「美味しい!!」を何度となく繰り返す愛子に「ここは全部旨いから期待していて」雅人は自信に満ちた表情で微笑んだ。

雅人の言葉通り、その後もめくるめくチャーミングなコース展開に愛子は何度も感嘆と賞賛の声を上げた。

帰り道外苑西通りを歩きながら「最近行ったお店の中で一番好き」とハイテンションで感想を言う愛子に、雅人は真面目な顔で言った。

「喜んでもらえて良かった。けど、俺、レストランだけじゃなく愛子ちゃんが持っている男のカードの中でも一番になりたいんだ。」

いきなりの告白に面食らい、一方でこの後の夜へのお誘いに身構えたが、雅人は右手を上げるとタクシーを止めて、紳士に愛子をタクシーに送り込んだ。

「今日はありがとう。ちょっと考えてみて。そういうことだから。」

これは真剣な告白なのか?それともからかわれているのか?2015年波乱の幕開けに、後部座席で頭を抱える愛子であった。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【ファーストデート・女の採点表】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ