東京3C男子 Vol.1

就職を機に、富山から上京して中目黒に住む女。5歳上の“都会の男”とのデートで感じた焦りとは

カメラマン、クリエイター、カレーをスパイスから作る男――。

これらの男性は“付き合ってはいけない男・3C”であると、昨今ネット上でささやかれている。

なぜならば、Cのつく属性を持つ男性はいずれも「こだわりが強くて面倒くさい」「自意識が高い」などの傾向があるからだそう。

一見するとどれも個性的で魅力的な男性に思えるが、果たして本当に、C男とは付き合ってはならないのか…?

この物語は“Cの男”に翻弄される女性たちの、悲喜こもごもの記録である。


カメラマンの男/春香(23歳)の場合 【前編】


初夏の日差しの中、椎野春香は目の前にそびえる都会に圧倒されていた。

― これが、東京…。

明治の文明開化を思わせる赤いレンガ造りの建物の背後には、超高層のビルディング。近未来的なアーチ状のアーケードの向こうには、中世のお城のようなレストランがある。

恵比寿ガーデンプレイスの建物群は、一見ちぐはぐなようにもみえるが、そこには計算し尽された「東京の洗練」が存在する。

辺りを闊歩する人々も、着飾ったスタイリッシュな男女ばかり。そんな周りの情景を、春香は思わずうっとりと見つめてしまっていた。

「春香、目線こっちちょうだい」

猫のように甘い声に呼びかけられ、春香は我に返る。

言われたとおりに視線を送る先にいるのは、カメラを構えた恋人──江川光司。

今日は光司に誘われるがまま、春香は東京都写真美術館で行われている写真展にやってきたのだ。

「え、これでいいの…?」

「そう」

光司の職業は、カメラマンだ。

クラシックな建物の前で何気なさを作為したポーズをとると同時に、心地いいシャッター音が春香を包む。

カシャ、カシャ…。シャッターの音に合わせて、ファインダーの奥に視線を送る。

レンズ越しに、光司と見つめ合う。

春香はこの瞬間が、たまらなく好きだった。

離れていても、彼とひとつになったような快感を覚えるから…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
カメラマンとかクリエイターとか、プロ意識持って働いてる男子たちは不快に思うだろうね。
もっと極端な、3Hとかどう?
ホームレス
反社
ホスト
2024/06/11 05:4941返信3件
No Name
カレーをスパイスから作って何が悪いww
料理は女がやる事だからとか思ってる男よりよっぽどいいじゃない。
食に何のこだわりもなくパックの白米とレトルトカレ食べる独女の方が嫌。
2024/06/11 05:2733返信1件
No Name
来週読みたくないなぁ🤣
どうか、職業差別要素の濃いストーリーになりませんように。そもそもこの田舎娘が東京出身の彼をを色眼鏡で見て崇拝し、彼の本性に気づかなかっただけ。
2024/06/11 05:2029返信1件
もっと見る ( 15 件 )

【東京3C男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo