アガるのは、ホテルの酒。 Vol.2

ザ・キャピトルホテル 東急
ザ・キャピトル バー

名門ホテルのリニューアルに
著名人が愛したプレミアムバーも復活!

ゆったりとした空間で贅沢な時間を約束するラウンジ

ザ・ビートルズに因んだコーナー&カクテルは、
ファン必見!

2010年10月、キャピトル東急ホテルの跡地に誕生した『ザ・キャピトルホテル 東急』。世界で活躍する建築家、隈研吾氏がデザインした空間は、桐の木材を格子状に組み、寺社建築に見られる屋根「斗栱」のごとく誂えた天井をはじめ、随所に見られる意匠が特徴。そしてこの芸術品ともいうべき「斗栱」を、美酒とともに楽しむことができるのが、4階にある『ザ・キャピトル・バー』だ。

一歩入れば、まずキャンドルの炎に揺らめくカウンターに出迎えられる。壁には前身ホテルのバーをリスペクトして、李白の「月下獨酌」の詩とライトアップされた満月の絵画をアレンジした上質空間が広がる。整然と並ぶハイチェアに座れば、目の前には一直線に連なる「斗栱」が広がり、幻想の世界へ引き込まれる。

さらに奥へと歩を進めると、夜景と空中庭園が織り成す美景、幾何学的模様のように入り組む「斗栱」を見渡すラウンジが現われる。そこには座り易さを確保するため、背もたれの角度をつけた椅子や、芸術家・本阿弥光悦の作品を模した絨毯など、この空間に調和するよう、特別に誂えたインテリアが揃う。その一角には前身のホテルに宿泊したザ・ビートルズに因んだ「ビートルズコーナー」を設置するなど遊び心も満載。当時の思い出話に盛り上がるアッパー層の社交場ともなっている。

特筆すべきは、3人のバーテンダーが女性である点だ。中にはカクテルの技能大会で優勝するほどの技術の持ち主もいるとか。マティーニやジントニックの注文の多さが技術の確かさを窺わせる。1月からは毎月オリジナルカクテル2種を展開予定。まずザ・ビートルズのメンバー4人に因んだオリジナルカクテルが順次登場。1月はリンゴ・スターをテーマに、リンゴを駆使したシードルのように爽やかな「キャピトル・ビート」。一方はホテルのシンボルをイメージした「鳳凰」。ともに新年に相応しい、華やかかつフルーティなテイストとなっている。

左.(右)シャンパンやアップルジュースなどで作ったキャピトル・ビート¥2,079、(左)鳳凰はオレンジを用いたモヒートスタイル。¥1,617

右.ザ・ビートルズの写真や写真集などの貴重な資料が並ぶ「ビートルズコーナー」

左.サントリーの山崎蒸留所で仕込まれた、ホテル開業記念のオリジナル「オーナーズカスクボトル」¥40,000は限定100本販売

右.入り口付近のバーカウンター。葉巻も13種前後用意


東カレアプリダウンロードはこちら >

【アガるのは、ホテルの酒。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ