春の風に吹かれて Vol.4

ひとりで横浜の山下公園近くのバーに入った30歳女。思わぬ出会いがあり、夜は2人で…

東京の女性は、忙しい。

仕事、恋愛、家庭、子育て、友人関係…。

2023年を走り抜けたばかりなのに、また走り出す。

そんな「お疲れさま」な彼女たちにも、春が来る。

温かくポジティブな風に背中を押されて、彼女たちはようやく頬をゆるめるのだ――。

▶前回:「私って、イタい女!?」38歳独女。会社で出世しても、ワーカホリック認定され孤独なワケ


咲奈(30) 「一生独身」と決めてたけど…


「げ、結婚式の写真…」

通勤中の電車内でInstagramを見ていた咲奈は、体をビクッと震わせた。

1年前に別れた元夫の達也が、グレーのタキシード姿で、見知らぬ花嫁と寄り添っている。

咲奈は達也と、前職のIT系広告代理店で出会った。

だから共通の知人のストーリーズに、写真がアップされていたのだ。

― てか再婚…早くない?やっぱり、あの相手と続いているのか。

がっくりきて、スマホをカバンにそっとしまう。

達也とは、交際2年、結婚1年で別れた。

別れた原因は、達也の浮気。「大学時代の女友だちと関係を持っている」と、達也は自分から切り出したのだ。

青天の霹靂だった。

「いつの間にか、咲奈よりも彼女に対する優先順位が、上がっていて…」

ここ半年、毎週のように会っていたこと。

とにかく気が合って、一緒にいて楽しいこと。

もう咲奈への気持ちはないこと。

泣きそうな顔で「いくらでも払うから、もう別れてほしい」と懇願した達也。

信じていた人の大きな手には、札束がのぞいた茶封筒がにぎられていた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
「春休みとして3連休をあげる」が妙にイラッとした。休みは律子からもらうものではないんだよ。権利なんだよ。急に休み取れ言われて実際咲奈も困ってたじゃん。
2024/02/28 06:1654返信4件
No Name
いくらもらったん?笑
2024/02/28 05:2543返信3件
No Name
「いくらでも払うから、もう別れて欲しい」
私だったら10億って言うぞ。いいのか?
2024/02/28 05:1037返信1件
もっと見る ( 19 件 )

【春の風に吹かれて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo