春の風に吹かれて Vol.1

春の風に吹かれて:大学卒業7年で差が歴然。29歳女が同級生に感じるコンプレックス

東京の女性は、忙しい。

仕事、恋愛、家庭、子育て、友人関係…。

2023年を走り抜けたばかりなのに、また走り出す。

そんな「お疲れさま」な彼女たちにも、春が来る。

温かくポジティブな春の風に背中を押されて、彼女たちはようやく頬をゆるめるのだ――。


美羽子(29) 閉じ込めたはずの思いが


― もう2月か。

千代田線の車内ビジョンに流れる天気予報を見て、美羽子はため息をつく。

気づけば、冬ももう終盤。

ついこの間新年を迎えたばかりなのに、時間は慌ただしく過ぎていく。

16時30分。

美羽子は、表参道駅で電車を降りると、打ち合わせを予定している得意先企業のオフィスへと向かった。

美羽子は新卒からずっと、大手旅行会社に勤めている。今は法人担当として、さまざまな企業とやり取りをしていた。

― まだちょっと時間があるし、大学の近く通って行こうかな。

遠回りだけれど、母校である青山学院大学の前を散策しようと決めた。

渋谷方向に歩いて約5分。

門の前で、歩みをゆるめる。

「なつかしい…」

出入りする華やかな学生たちの、白やベージュのコート。明るく染めた髪、ミニスカート。

美羽子は、卒業からもう7年も経ったのか、と信じられない思いになる。

― 私は、あれから何も進んでないなあ…。

社会人になって、一体何を得たのだろうかと思う。

大切な恋人もいなければ、仕事も淡々とこなすだけ。特に夢中になれるものはない。

― お金だけは貯まってきたけど、使うような趣味も物欲もないし…。

「え?美羽子?」

肩を落としていた美羽子は、ビクッと全身を硬直させながら振り返る。

「あ…」

見知った顔が立っていた。

まさにこの大学で、陸上サークルの同期としてたくさんの時間を過ごした、村雨研吾だ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
うーん、イマイチ。ただ港区港区してないという点は良かった。
2024/02/07 05:2042返信1件
No Name
ネガティブ思考な主人公だなと思ったら、一話完結なのね。 浅い感じな内容で終わったけれど春が来そうなら良かったよ。来週に期待。
2024/02/07 05:1436
No Name
人一倍苦労したとか様々な経験をした人の方がいいものを書けるのはそうかもしれないけれど。研吾は単に年齢を重ねた事を言ってるようで薄っぺらいんだよなぁ。それに美羽子は何も考えず何となく誕生日来て歳だけとる生活してたんでしょう?! 目標もなければ恋愛もしてない、夢中になれるものもない、貯金はしても使いたい趣味もない物欲も無い。言い訳を探すのが習慣づいたアラサー女子に、いいもの書ける訳ないような....
2024/02/07 06:2029返信6件
もっと見る ( 19 件 )

【春の風に吹かれて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo