港区デイゲーム Vol.2

「有明タワマンには興味ない!」子ありでも“港区在住”にこだわる、32歳女の水面下バトル

人生のステージが変わるたび、女の友情はカタチを変える。

そしてドラマの舞台も…。夜の港区から、昼の港区に変わるのだ。

20代は深夜の西麻布で、30代は昼の麻布で。女たちは時に嫉妬し、時に優越感に浸る。

これは大人になった女たちが港区で繰り広げる、デイゲーム。

◆これまでのあらすじ

共通の知人の結婚式で、7年ぶりに優子と菜々緒に再会したサトミ。同い年の子どもがいる優子を早速家に招待するが…。

▶前回:夜遊び仲間の“悪友”に7年ぶりに再会。環境が変わっても女の友情は成立する?


ママ友になっても終わらないマウント合戦


「おじゃましま~す」

友達の優子が娘を連れて、六本木にある我が家にやってきた。

先週、共通の知人の結婚式で7年ぶりに再会したのをキッカケに、うちでランチをすることになったのだ。

ママ友がほとんどいない私の平日の息抜きは、もっぱらSNSの投稿や動画編集。

Instagramは3万人のフォロワーがいるので、投稿しがいがある。でもYouTubeの方は鳴かず飛ばずで、なかなか再生回数が増えない。

だから、たとえ自宅であっても友達とランチするのは気分転換にもなるのだ。

「簡単なもので申し訳ないけど」

私はそう言いながら、チーズや生ハムやフルーツのお皿をテーブルに置き、シャンパンで優子とグラスを合わせた。

「サトミの子とうちの子、小さいのがふたりいるの可愛すぎる~!」
「ね!たくさん写真撮ろっ」

1歳0ヶ月と、1歳1ヶ月。月齢1ヶ月違いの赤子がふたり並ぶ姿は、予想以上に平和な光景だった。

優子の娘は人見知りで最初は泣いたものの、すぐに慣れて、息子と一緒に積み木を触っている。

そんな微笑ましい光景を見ながら飲むお酒は、最高だ。ひとりで飲むより全然楽しい。

やっぱり優子を誘ってよかった。この時は心からそう思っていたのだが…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
感想
ただ面倒くさい…
2022/11/19 05:4064返信2件
No Name
住んでいる家とか区とかマンションの階数とかでマウント取り合うの、本当に東京カレンダーらしい話ね。
2022/11/19 05:4158
No Name
平蔵は要注意人物だね。
料理教えてくれ?平日に?
でしたら夫も同席しますねとか返信しちゃえばいいのにね。
2022/11/19 05:4453返信2件
もっと見る ( 26 件 )

【港区デイゲーム】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo