8rules~エリカのマイルール~ Vol.4

有名スポーツブランドのアンバサダーを目指す女。企業から誘われ、面談に行ったはいいが…


“インスタ映え”が流行語大賞に選ばれたのは、もう5年も前のこと。

それでもなお、映えることに全身全霊をかける女が、東京には数多く存在する。

自称モデル・エリカ(27)もそのひとり。

そんな彼女が、“映え”のために新たに欲したのは「ヨガインストラクター」という肩書だった―。

エリカは、ヨガの世界で“8つの特別なルール”と出合う。しかし、これまでの生活とは相いれないルールばかりで…。

これは、瞑想と迷走を繰り返す、ひとりの女性の物語である。

◆これまでのあらすじ
エリカはヨガウェア姿をInstagramに投稿し、フォロワーを増やすことに成功。ただしヨガウェアの値段に、愕然とした。そこで「企業のアンバサダーになれば、ウェアが無償で手に入る」と企む―。

▶前回:「彼にもらった留学費用200万円が、80万も余った」お金を返したくない女がとった行動


Vol.4 ヨガインストラクターになれない私


「ともくん、ちょっとこれ飲んでみて?」

ミルクフォーマーを使って、フワッフワに泡立てたオーツミルク。

それをブラックコーヒーにたっぷり注ぐと、マグカップを智樹に手渡した。

「うーん…。これ、ラテじゃないよね?」

彼は、軽く口をつけると、首をひねった。

「ラテだよ!オーツミルクラテ、最近ハマってるの」
「へぇ、何か牛乳よりだいぶさっぱりした感じだね。そういえばエリカ、食べ物の好みが少し変わったんじゃない?」

ミルクの泡で、口もとをひげのように白くしながら、智樹が言った。

言われてみれば、確かにそうだ。

ハワイでのヨガ留学中は、食事制限があった。動物性の食品は、飲食禁止。

最初はきつかったものの体が慣れたようで、帰国してからも、胃腸に負担が少ないものを好んで口にしている。

私は、ソファに座る智樹の隣に腰を下ろすと、この日2杯めのオーツミルクラテを飲んだ。

そして、スマホを手に取った。開いたのはInstagram。ここ数日、スポーツウェアブランドの公式アカウントばかり見ている。

今日もいつものように、目につく投稿に片っ端から“いいね”をした。

SNS投稿用のヨガウェアを、無償で手に入れる方法はないか―。考えたとき、私は思いついたのだ。

― 企業と契約をして、アンバサダーになれば…。ウェアをもらえるし、自分の宣伝材料にもなる!

ただ、自分から問い合わせをするのは性に合わない。「企業側から依頼されたい」という気持ちが強い。

そこで、私は投稿に“いいね”をしまくり、自分の存在をアピールすることにしたのだ。

そのとき、公式の青いバッジがついたアカウントから、1通のDMが送られてきた。

― えっ、もう反応してくれたの?しかも、このブランドって有名だよね?

あまりにも思い通りの展開にほくそ笑みながら、その内容に目を通す―。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
このライターさんは、エリカの馬鹿さ加減を上手く描いてますね。
本当に世の中を舐め過ぎ。
2022/11/23 05:2899
No Name
広報担当の安藤です

あ、えっと…エリカです!

あり得ない🤣🤣🤣
2022/11/23 05:3067返信2件
No Name
インスタのフォロワー数が命だと思い込み、それを売りにすること自体もう終わってる。
インフルエンサーも減少傾向だし、それだけでは稼げなくなる。万一アンバサダー契約したところで、多少のウェアを提供してもらえるだけ。それで食べていく事は出来ない!
諸々考え方全て甘いのは、おじさんに生活費等全て養ってもらってるからだよね。一度位は、汗水たらして働いたらどうだろうエリカ。
2022/11/23 05:3642返信1件
もっと見る ( 20 件 )

【8rules~エリカのマイルール~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo