8rules~エリカのマイルール~ Vol.2

彼のお金でハワイへ。しかし空港で驚愕の話を聞かされ…女が「帰りたい」と青ざめた理由


“インスタ映え”が流行語大賞に選ばれたのは、もう5年も前のこと。

それでもなお、映えることに全身全霊をかける女が、東京には数多く存在する。

自称モデル・エリカ(27)もそのひとり。

そんな彼女が、“映え”のために新たに欲したのは「ヨガインストラクター」という肩書だった―。

エリカは、ヨガの世界で“8つの特別なルール”と出合う。しかし、これまでの生活とは相いれないルールばかりで…。

これは、瞑想と迷走を繰り返す、ひとりの女性の物語である。

◆これまでのあらすじ
横柄な態度を理由に、無職になった自称モデル・エリカ(27)。インスタ映えのために「ヨガ」の世界に興味を持った彼女は、経営者の彼氏・智樹(44)を頼り、ハワイ留学を企てる。

▶前回:「私に200万円投資して」交際中の彼に懇願する、自称・モデルの女。お金の使いみちは?


Vol.2 コーヒーも飲めないなんて


21時・羽田発、ホノルル行きの機内―。

ビジネスクラスの座席は、半分以上が埋まっていた。

― 隣は…よかった、空席!これなら到着まで、ゆっくりできそう。

飛行機が離陸すると、私はすぐに座席を倒した。

空いている通路側の席に、Diorのトートバッグを無造作に置く。その中からリップクリームを取り出すと、入念に保湿をしてから、手はじめに1杯―。

「白ワイン、ください」

空の上では、いつもより気楽に酔えるのがいい。

― 到着するのは朝よね。着いたら、まずはコナコーヒーでしょ?それから、夜は…。

ヨガの資格を取りに行くというのに、すっかり旅行気分で、こんなことを考えていた。

2杯目のワインで、早くも頬が上気してくる。

酔った頭で、3週間前の智樹との会話を思い返した。

「ねぇ、ともくん。私に200万、投資して!」

あのとき、一瞬彼の眉がピクリと動いたのを覚えている。

「投資って…それは、エリカが新しい事業を立ち上げるってこと?」
「じ、事業ってほどじゃ。勉強してみたいことがあって、ちょっとお金が必要なの」

嘘ではない。でも、下心があるせいで、中途半端な受け答えになってしまった。

「そっか。よかった」
「えっ、何が?」
「エリカ、やりたいことが見つかったんだね」

智樹は、滅多に見せないクシャッとした笑顔で続けた。

「したい人、10,000人。始める人、100人。続ける人、1人って聞いたことある?エリカは、“したい”から“始める”ことにしたんだね。僕でよければ、全面的に応援するよ」

― やった!ちょっと多めに見積もったんだけど、バレないでしょ?

こうして彼の援助を受けた私は、ダニエル・K・イノウエ空港に降り立ったのだった。

到着ロビーで早速コナコーヒーをゲットし、カップを片手に、颯爽と歩く。

すると―。

1人の日本人女性が、慌てた様子で駆け寄ってきた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
特に
エリカ様の
別に…
を思い出す。笑
2022/11/09 05:2357返信2件
No Name
ヨガを続けるつもりはないって、どういうこと?何のために資格とった?インストラクターになるためじゃなかったんだ。まさか、単なるインスタのために、彼から200万もらったのか。
2022/11/09 05:2956
No Name
ヨガのインストラクターって、エリカでもなれる位じゃ、ちょっと勉強すれば誰でもなれるのかな?
だとすると、それでお金稼ぐのは結構難しいのかなと思う。相当性格悪いのに調子に乗ってる主人公なだけに、この人にも天罰が下って欲しい。
2022/11/09 05:3844返信2件
もっと見る ( 24 件 )

【8rules~エリカのマイルール~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo