U-29女子の婚活サバイバル Vol.31

「最初は気分転換くらいの気持ちでした」23歳女が、恋人がいながら他の男と会い続けた理由とは

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

東カレ読者から「20代女子の婚活事情」を募集したところ、生々しい体験談が続々と集まった。

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、U-29のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいる。

焦る気持ちを笑顔の裏に隠し、令和の時代をたくましく生き抜く、婚活女子のリアルな姿を覗いてみよう。

▶前回:交際開始直後の32歳彼氏が、マッチングアプリを続けていた。男から飛び出した、まさかの言い訳は


【今週の婚活女子】

名前:リカ(仮名)
年齢:24歳
職種:公務員
婚活歴:2~3年


学生時代から婚活を始めていたというリカさん。ついに結婚を考えられる人と出会えたはずが、まさかの三角関係に…。

2つの恋に揺れる彼女がどんな選択をしたのか、詳しく聞いてみよう。


リカさん:両親の結婚が遅かったこともあってか、私自身は早めに結婚して安定したいと思っていたんです。そこで大学4年生の頃に、婚活を始めました。

2つ掛け持ちでアプリに登録し、これまで4種類のアプリを利用しましたね。そうして6~7人の方にお会いし、ついに素敵な方と出会えたんです!

東カレ編集部:お相手はどんな男性だったんですか?

リカさん:彼は、当時大学生だった私と同い年の22歳。名門私立中高を卒業し、一橋大の経済学部に通っていました。そして4月からは、大手素材メーカーに入社するのが決まっていましたね。

経歴も申し分ないですし、話すと楽しくて次第にお付き合いに発展しました。

東カレ編集部:素敵な方に出会えたのですね。その後、彼とはどうですか?

リカさん:順調にお付き合いを続けていたんですが…。就職を機に、徐々に彼の“ある一面”が見えてきてしまったんです。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
1,000円札をトランプのように持ち「好きな枚数取っていいよ」と言う…
大人がやる?大学生ならまだしも。
2022/09/22 09:4623返信3件
No Name
彼らにはかわいそうだけど、こういう経験を経て大人になっていきますね
2022/09/22 11:334
1000円をトランプのようにもち好きな枚数だけとっていいよって上から目線な気がする
そもそも出す気のある女性ならすすんで伝票みて計算して半額くらい彼氏に手渡しするやろ
自分が男だったら二股して品定めするような女は恋愛対象にはいらんなー
2022/09/23 12:114
No Name
デートしたことがなんでバレちゃったんだろう!?気になる、、
2022/09/22 11:323返信1件
No Name
私も元カレに同じようなことをされて傷ついた経験が…。友達に乗り換えられました😭
2022/09/22 12:593
もっと見る ( 9 件 )

【U-29女子の婚活サバイバル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo