男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~ Vol.9

デート中、元カレにそっくりな男と遭遇してしまった。そのとき、女が咄嗟にとった行動は…

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

◆これまでのあらすじ

千紘はムラタクと、12年前に謎の死を遂げた恋人・大和について調べていた。そんな2人の前に、大和そっくりの男が現れて…?

▶前回:イイ雰囲気の男友達と、2人きりでドライブしていたら。彼の様子が、いきなりおかしくなって…?


夏原千紘、29歳。初秋の夜の衝撃


「どうかしましたか?」

ムラタクと地元・愛媛をドライブしていた私たちは、後輪がいきなりパンクしてしまい途方に暮れていた。

そこに、見知らぬ男性が声を掛けてきたのだ。真っ暗な山道にバイクを停めた彼が、近づいてきた瞬間。私たちは息をのんだ。

長いまつげと、少し癖のある前髪。そして弓なりの眉。

彼は、12年前に死んだはずの恋人に、あまりにもそっくりだったから。

「なんで…」

私の動揺をよそに、男性はパンクしたタイヤを覗き込んでいる。その横顔は、何度見ても大和に似ていた。恐る恐る、私は彼に歩み寄る。

「あの…。すみません、どなたでしょうか?」

近づいて彼の顔をよく見ると、目元は優しげな奥二重だった。くっきりとした二重だった大和とは、全然違う。

― なんだ、別人か。当然だよね。大和は死んだんだから。

複雑な気持ちのまま男性を見つめていると、彼は後方にある大きな白い建物を指さした。

「僕は、そこの工場で生産管理をしているものです。仕事終わりに山道で止まっている車が見えたので、事故かなと思って。パンクだったんですね」

そして「気をつけて。ここらへんに修理車呼ぶと、時間かかるんで」と言い、バイクにまたがった。

「あっ!ちょっといいですか?」

そのとき、ずっと黙っていたムラタクがぎこちなく微笑み、男性を引き留めた。

「なんでしょう…?」

「僕たち、山之内大和くんのクラスメイトだったんです」

その瞬間、彼は驚いたように大きく目を見開いた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
来週がクライマックスかな?大和の死の真相が明らかになるみたいだから。
このストーリー、面白くて好き。
2022/09/20 05:3845返信3件
No Name
亜美と大志が大和の死につながる何かをしたって事?それとも大志が何かをして亜美に相談したって事?
どっちにしても千紘にとっても浩二にとってもキツいわ。
2022/09/20 05:1633返信1件
No Name
続きが気になりますね〜。やっぱり亜美が大和の死に関わっていて、大志が亜美をかばっているとかかな?
2022/09/20 05:2523返信4件
No Name
大和の死に、大志と亜美が関わっているということ? 本当にそうなら、悲しすぎる。
2022/09/20 07:529
No Name
まどろっこしい。
2022/09/20 06:316
もっと見る ( 19 件 )

【男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo