男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~ Vol.4

12年も会っていなかった友人から「結婚式に来て」と言われ…。式の途中、女が近寄ってきて告げたことは

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

◆これまでのあらすじ

18歳で恋人の大和を失い、逃げるように上京した千紘。

大和の死を「千紘のせいだ」と言って責め立てた浩二と、それに腹を立てて彼にビンタした亜美が突然結婚するという報告を受け、式場に向かったが…。

▶前回:初めての昼デート。待ち合わせ早々、彼女がバッグから取り出した“予想外のモノ”に、男は唖然とし…


夏原千紘、29歳。上京12年目の真実


「えっ!謎の死の取材、ですか…」

ある土曜の、午前9時。上司の電話で目覚めた私は、思わずベッドから飛び起きた。

「そう。人気アイドルYUNAの突然死。交際してた一般男性が、彼女の死の真相を知ってるって噂があるんだよ。その男性と、関係者への取材をお願いしたくて」

「はい、わかりました…」

曖昧な返事をして電話を切った後、私はフーッと深くため息をついた。

文章を書くのが好き。そんな理由で始めた記者の仕事だが、どこか身が入らなくなっている。

3ヶ月前、プロポーズかと思った幸太郎とのデートで別れをほのめかされ、自ら啖呵を切ってしまったこともジワジワと心を蝕む。

彼と過ごす時間を増やすために部署異動したけれど、今もせわしなくゴシップネタばかり追いかけているのだ。

― こんなはずじゃなかったのになぁ。

もう一度ベッドへ横になり、スマホを開く。業務連絡に交ざって、元恋人の幸太郎からLINEが届いていた。

幸太郎:千紘の荷物、明日着で送りました

別れてから初めて届いたLINE。少し前まで付き合っていたとは思えないほど、そっけないメッセージだった。

千紘:ありがとう。私も明日送ります

すぐについた既読が「了解」ということなのだろう。こうして、結婚まで意識した私たちの恋愛は完全に終わりを告げた。

気持ちを切り替えて12年前のガラケーをバッグに入れると、おろしたばかりのヴァレンティノのパンプスに足を入れる。今日は、浩二と亜美の結婚式なのだ。

2人が、まさか結婚するなんて。気まずいまま卒業して以来、亜美はもちろん高校時代の同級生とも疎遠のままだった。

― 式には誰が来るんだろう。

複雑な気持ちを抱えながら、会場の『The Place of Tokyo』へ向かうために、浜松町駅でタクシー待ちをしていた、そのとき。

背後から、思いがけない人物に声を掛けられた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ムラタク、
ちょ、待てよって😂
2022/08/16 05:1299+返信4件
No Name
浩二嘘ばっかじゃん。大和が自転車で海に落ちたとか千紘のせいで死んだとか。さっさと真相話して詫びてから愛媛に帰りなよ。
2022/08/16 05:3099+返信2件
No Name
やっぱり、大和がなぜ転落したのかすごい気になる。あの日は自転車に乗っていなかったんだ…
2022/08/16 05:1362
No Name
ムラタク登場で更に面白くなってきた! YUNAの元カレ?と飲んでるとか、ドラマみたいな偶然だけど。
その衝撃の事実と大和の事故の件、気になる。
2022/08/16 05:4440返信1件
No Name
最後

ちょ、待てよ

😂😂😂
2022/08/16 05:3832返信2件
もっと見る ( 26 件 )

【男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo