港区夫妻のトラブル事例 Vol.10

ある日突然、妻から“離婚”を突きつけられた男。その時初めて知る衝撃の真実に夫は困惑し…

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

▶前回:2.5mも離れた夫の背後から、こっそりと…。男を監視するために、妻がしていたコト


Vol.10 夫の不貞を暴く罠

【今回のケース】
■登場人物
・妻=美織(34)元エステティシャン、美容サロンオーナー
・夫=悠人(36)大手アパレルメーカー勤務

夫の母親からチェーン展開する美容サロンを贈与によって受け継いだが、離婚によりそれを手放さなければいけないのか不安。


『美容サロンのオーナーになりました!』

美織は、ルーフバルコニーのロッキングチェアに腰掛け、Instagramをチェックする。

1週間ほど前に投稿した、おそらく自分のSNS史上最高の報告に、50件ほどの“いいね”がついている。

報告の内容は、先日、夫・悠人の母親が経営していた美容サロンを受け継いで、美織が社長に就任したことを伝えるものだった。

義母は、持病のヘルニアが悪化し、療養に専念するために一線を退き、そのポジションを嫁である美織に譲ったのだ。

― “いいね”が少なすぎるんだけど…。

美織のInstagramは、更新頻度が低いこともありフォロワー数も少ない。とはいえ、少し物足りなさを覚える。

美織はスマホをタップし、別のページに切り替える。悠人のアカウントだ。

『バルコニーで育てたミントで自作モヒート』

グリーンのミントが鮮やかに映える、カクテルの写真の添えられた投稿だ。


ごく日常的な報告にもかかわらず、なんと“いいね”が150件以上もついている。

悠人はマメな性格で、更新を頻繁に行い、アップする写真にもこだわりを持っていた。最近は自撮りなども増えて、ナルシストな一面をのぞかせている。

美織は、再びスマホの画面を切り替えた。悠人の投稿に“いいね”を押した人たちの一覧を覗く。

指でスクロールしながら、ある憶測をもとに名前を目で追う。

― このなかに、悠人の浮気相手がいるに違いない…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
悠人、いろいろな角度から離婚届を撮影?
おかしいでしょう、インスタに投稿したらバカ過ぎる。もしかしてRikaに送るのか?
2022/08/07 05:4483返信2件
No Name
悠人が美容サロン貰ってどうする気なんだか。バカでしょ。それに離婚届すらいろんな角度から撮るとかキモいよ。
2022/08/07 05:3253
No Name
うーん、息子の嫁とは言え離婚したら他人になってしまうのだから、簡単に贈与してはいけないと言うことだね。
2022/08/07 05:4143返信3件
No Name
美容サロンを贈与したというのは会社の株式を贈与したという意味かなあ。社長の座を譲っても株式の過半数を持っていなければ、社長の座から追い出すのは簡単。その辺きちんと書いて欲しいなあ。
2022/08/07 06:1815返信2件
No Name
自分の偽アカウントが本来のより何倍以上も反応あれば、違った意味で凹む…
2022/08/07 05:3312
もっと見る ( 27 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo