港区夫妻のトラブル事例 Vol.9

2.5mも離れた夫の背後から、こっそりと…。男を監視するために、妻がしていたコト

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

▶前回:彼の経済力をあてにして結婚した女。しかし、夫が亡くなったあと遺言状には衝撃の文言が…


Vol.9 離婚したい夫

【今回のケース】
■登場人物
・夫=寿史(35歳)大手コンサルティング会社勤務
・妻=真奈美(30歳)主婦
・夫の不倫相手=愛梨(27歳)

夫は不倫していることを、妻に知られてしまう。自分に非がある立場だが、なんとか離婚の話を進めたい。


『今から離婚の話をするところ』

寿史は、素早くLINEを送ると、スマートフォンの画面を伏せてソファの上に置く。

送信先は、不倫相手の愛梨だ。

背後では、妻の真奈美がアイランドキッチンで洗いものをしている。

「そうだ。今度の土曜日のことなんだけど…」

真奈美がセンサーに手をかざして水を止め、声をかける。

“土曜日のこと”とは、京都に住む真奈美の母親が東京に遊びに来るので、食事を一緒にする件だ。

だがその話をする前に、寿史には片付けておきたい問題があった。真奈美の言葉を遮るように、「実はさ…」と切り出す。

「ちょっと話したいことがあるんだ」

真奈美はエプロンを外し、ソファに腰をおろす。


寿史はひと呼吸おいて、話を続ける。

「最近さ、一緒にいて、なんか息苦しいというか…気が休まらないというか…」

真奈美の顔つきが次第に険しくなる。

「だから、ひとりになりたいんだ。別れたい…と思ってる」

真奈美は、黙ったまま大きな瞳で寿史をじっと見つめる。

彼女は目鼻立ちの整った、日本人離れした顔立ちの美人だ。眼光が鋭く、見つめられると気後れしてしまうことが度々あった。

「ほら、真奈美って完璧主義なところがあるじゃん。それがちょっと…」

「何よ。ハッキリ言って」

「そういうところだよ。プレッシャーを感じるんだよ」

「私のモラハラが原因って言いたいのね?」

「まあ…そういうことになるかな…」

寿史はわざと大げさに怯えたような仕草を見せる。

夫婦で会話をする際、こういう緊張感の漂うシーンがたまにあった。

真奈美にも心当たりはあるはずなので、寿史には離婚を納得させる自信があったのだが…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
すごい視力。サンコンさんかよ…
2022/07/31 05:1464返信3件
No Name
実際真奈美のモラハラが原因で寿史が不倫に走ったとしても、不倫しておいて真奈美が悪いから離婚したいはずいぶん勝手な話。真奈美が応じるかどうかは別にして、先生の言うように多めの慰謝料で納得するように働きかけたら?
2022/07/31 05:2149返信1件
No Name
妻としては最終的に離婚するにしても、簡単には応じずわざと長引かせたいよね。
2022/07/31 05:5645返信5件
No Name
不倫したくせに開き直ってるなよ!
2022/07/31 08:0129返信1件
No Name
真奈美がモラハラ妻だったとしたら、もう少しその点を描いて欲しかった。だからといって、不倫していい理由にはならないけれど、物語としてもう少し詳しく書いてあったら面白かった。
2022/07/31 05:5825返信2件
もっと見る ( 22 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo