港区夫妻のトラブル事例 Vol.5

夫の仕事部屋から聞こえる、甘い女の声…。医師の夫とMRの28歳女性が怪しいと気づいた妻は…

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

▶前回:“夜の女”から慰謝料をとるのは難しい…?妻が夫の浮気を知り、探偵をつけて証拠を突きつけるが…


Vol.5 クリニック院長とMRの許されざる関係

【今回のケース】
■登場人物
・妻=和美(35歳)元看護師
・夫=智春(44歳)皮膚科クリニック院長
・息子=尚弥(7歳)
・夫の浮気相手=彩奈(28歳)MR
・患者=ヒサエ(86歳)
妻は夫の浮気を知り離婚に向けて話を進めていきたいが、息子の養育費のことなど不安がよぎる。


「やだぁ、先生。それはズルいですよ~」

午前の診療が終了し、和美が受付で作業をしていると、院長室から女性の甘えるような声が聞こえてきた。

MRの西沢彩奈が、クリニックに新薬の説明に来ていた。院長である夫の智春が対応しており、なんとなく甘い雰囲気が漂っている。

― ずいぶんと楽しそうね…。

和美は、2人が不倫関係にあることを知っていた。だが、問いただすのを躊躇していたのだ。

トイレのドアが開いて、高齢の女性が出てくる。

「ごめんなさいね。ゆっくりしちゃって…」

女性はヒサエという、80歳を超える高齢者で、7年前にクリニックを開業したときから通っている常連の患者だった。最近は物忘れなども多く、日によって認知症と思しき症状が出ることもある。

「足元が滑りやすくなっているから、気をつけて帰ってくださいね」

外は梅雨の影響で、このところ長雨が続いている。

ヒサエを送り出すと、院長室から彩奈が出てきた。玄関で靴を履き替えようとしたところで、「あれ…」と辺りを見回す。

「どうかしましたか?」

「傘が見当たらなくて…」

傘立てに差してあるのは、1本の古いビニール傘だけだった。

「どんな傘ですか?」

「バーバリーの、ノバチェック柄の傘なんですけど…」

そんな柄の傘を確かに見た気もする。ヒサエが誤って持って帰ってしまったのかもしれない。

「もしかしたら、患者さんが取り違えてしまったのかもしれません。これで良かったら…」

和美が残っていたビニール傘を差し出した。

雨の降り方からして、傘を差さずに帰るわけにはいかない。

彩奈は不貞腐れた様子で受け取ると、色のくすんだビニール傘を差して雨の中を歩いて行った。

和美の気分が、少しだけ晴れた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
話は逸れるけど、結婚目前の状態だったのに、当時の彼を捨てて智晴に乗り換えたとか、すごいね。病んでしまった彼、ちょっと気の毒。
2022/07/03 05:5087返信6件
No Name
さすがに養育費はそれなりに支払うだろうけれど、問題は財産分与かなぁ…
うまく逃げられそうだから、腕の良い弁護士さんに依頼したほうがいいね。
2022/07/03 05:4647
No Name
とりあえず尚弥くんが医師になる事前提で養育費を貰っておく必要はあるだろうね。その上で尚弥くんが将来何になろうが自由だし、それでお金が浮けば何にでも使えるから。
2022/07/03 05:3322返信10件
No Name
負い目はヒサエに感じることで、ダンナに負い目を感じる必要はないと思うけどね。
2022/07/03 07:4218返信2件
No Name
▶NEXT:7月10日 日曜更新予定
次回予告文をお願いします。
2022/07/03 06:0812返信2件
もっと見る ( 31 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo