トラップ~嵌められた男と女~ Vol.11

「結婚前に妊娠してしまう」という目標を達成した女。それは、ある“最低な秘密”を隠すためで…?

恋に落ちると、理性や常識を失ってしまう。

盲目状態になると、人はときに信じられない行動に出てしまうものなのだ。

だからあなたもどうか、引っ掛かることのないように…。

恋に狂った彼らのトラップに。

▶前回:結婚まで考えた元カノと再会し、4年ぶりに一夜を共にした直後…。女から聞かされた衝撃の事実


夏原裕樹「28にもなって、授かり婚だなんて…」


「母さん、こちらが美紀さん。…来月、籍を入れようと思ってるから」

土曜日の昼下がり。僕は婚約者を紹介するために、松濤の実家まで来ていた。

「斉藤美紀と申します。…これ、よかったら召し上がってください」

そう言って『空也』のもなかを差し出した美紀を、母さんが見つめている。表情は穏やかで、彼女に対して好意的な印象を持っていることはすぐにわかった。

「裕樹が素敵なお嫁さんを連れてきてくれて嬉しいわ。お茶を入れてくるわね」

そう言って、リビングを後にした母さんの背中を見た瞬間。スーッと肩の力が抜けていく。

「…緊張してたの?」

「そりゃそうだよ。28歳にもなって授かり婚だなんて。母さんが驚くんじゃないかって」

「どうせ結婚する予定だったんだからいいじゃない。少し予定が早まっただけよ」

僕の顔を覗き込みながら、美紀が優しく微笑む。僕たちは同じ広告代理店に勤める28歳。部署は別だが、偶然一緒になったプロジェクトで出会い、交際に至った。

いつかは結婚をと考えていたが、1ヶ月前に想定外の妊娠が発覚し、予定していたよりも早く籍を入れることになったのだ。

「さぁ。いただいたもなか、召し上がりましょ」

母さんがいれてくれたお茶を飲むうちに緊張もほどけていき、雑談に花が咲く。

「美紀はね、大学時代に演劇をやってたんだってさ」

「まぁ、そうなの…!きっとお父さんと話が合うわね」

「はい。裕樹さんが、あの夏原裕次郎の息子だと聞いたときは、すごく驚きました」

「裕樹とお父さんはあまり似てないものね」

僕の父である夏原裕次郎は、デビュー40周年を迎えたベテラン俳優だ。23歳のときに刑事ドラマでブレイクして以来、甘いルックスと渋い声のギャップで、今もマダムを中心に人気を博している。

「…残念ながら俺は、母さん似だな」

「失礼ね~」と口をとがらせる母さんを見て、美紀がクスクスと笑った。

「ぜひ今度、お父様にもご挨拶させてください」

そう言って、彼女がもなかを口に運ぼうとしたそのとき、玄関から声がした。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
息子が大手広告代理店に就職すると知って、そこからOB訪問して100倍超える倍率から内定を獲得したとか…ちょっとねぇ。現実味に欠ける。
2022/05/17 05:1799+返信2件
No Name
美紀、気持ち悪い女!
2022/05/17 05:1898返信2件
No Name
親父も、息子の彼女となんていいのかよ
2022/05/17 05:2079返信2件
No Name
「さぁ。いただいたもなか、召し上がりましょ」

これって日本語正しいですか?すごく違和感あって。
2022/05/17 06:2772返信7件
No Name
美紀ももちろんやばいけど、息子が連れてきた女に手を出す父、さすが不倫しまくるだけのことあるわ・・・
2022/05/17 05:2340
もっと見る ( 67 件 )

【トラップ~嵌められた男と女~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo