選ばれし女―Who was chosen?― Vol.13

会ったこともない男から、職場に突然電話が掛かってきて…?そこで告げられたゾッとする要求とは

ハイスペ男に“選ばれる女”は、一体何が違うのか?

「俺は結婚に向いていないし、結婚しなくても十分幸せだ…」

と、思っていたバツイチ男が“ある女”と再婚した。

彼の結婚の決め手は何だったのか――。

6人の女性の中から、彼に選ばれたのは誰?

◆これまでのあらすじ

2016年にバツイチとなった桜井和真はその後、5年の間に5人の女性と出会い、デートを重ねていた。

2016年の玉城玲奈とは海外旅行をともにして、2017年の行野澪とは交際に発展し、2018年の椎名由起子には逆プロポーズされ、2019年の黒木彩とのデートで失敗し「恋愛も結婚も向いていないタイプだ」と自覚する。

そして2020年のステイホーム中に石川沙耶と出会うが、和真のもとに元妻から離婚以来の連絡が届いていたのだった。

▶前回:Case6:2021年の桜井佑子(33歳)


Case6(回答編):2021年の桜井和真(34歳)


5年ぶりに前妻・佑子と会って食事をした。2020年の自粛期間中、体調を崩した彼女に差し入れをしてから「お礼させてほしい」と言われていたからだ。

それに和真には、この時点で交際している女性も、デートしている女性もいなかった。だから誰に気兼ねすることもない。

久方ぶりに会った佑子との会話は盛り上がり、再婚の話になったときにこう尋ねてみた。

「…佑子は、どう?再婚しようとは思わないの?」

「んー。思わないかな」

そのときの表情と喋り方で、和真は直感した。彼女は嘘をついている、と。

「結婚はもうこりごり。一生、再婚しなくていい」

付け加えた佑子の一言で、和真の直感は確信に変わった。

― そうか。佑子には結婚を考える相手がいるのか。

寂しい気持ちは湧かない。離婚から5年、和真自身も5人の女性とデートを重ねた。佑子にそういう相手ができることは当然だし、むしろ喜ばしい気持ちさえした。

ただ彼女は正直に伝えたくないようだ。

和真もそれに合わせて、余計なことは聞かないようにした。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
「そんなの知るかボケ」
2022/05/15 05:2599+返信1件
No Name
冒頭に、[回答編] とあったのにそれっぽいこと何も書いてなかった。
話の進みが遅すぎる上に、余計な描写とかダラダラダラダラ…何なんだ? 桜井でもなんでもいいわ。
2022/05/15 05:3273返信1件
No Name
もういいから、やめなよ〜和真。
2022/05/15 05:2556返信4件
No Name
もう34だから精神的に大人だって…
どういうことなの😂 そう思う事自体、精神年齢低過ぎるんだよ。
2022/05/15 05:2830返信4件
No Name
精神的に大人になるって年齢じゃないし、和真ってまだまだ子供って言うか幼稚だと思うよ。結婚に向いてないのに結婚したいと思っちゃう所とか。
2022/05/15 05:1416
もっと見る ( 29 件 )

【選ばれし女―Who was chosen?―】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo