「これ食べたい!」とSNSで話題沸騰中!恵比寿に出来た“エンタメ焼肉”の新店

次々と新しい人気店が生まれる「焼肉」の世界で、SNS全盛の時代に受けるものは何か?

そのひとつの答えに辿り着いた一軒が恵比寿に誕生した。

食べて、撮って、話題にしたくなる、そんな新店の魅力を紐解いていこう。



※まん延防止等重点措置期間中につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!サクッとカジュアルに楽しめる「身近で美味しい」店をご紹介!アプリのダウンロードはこちらから。

映えるだけじゃない!味も確かで、食べててとにかく楽しい!


料理がきたらみんなで撮影タイム!どんなジャンルのお店でも昨今よく目にする光景だが、それに合わせて、お店のメニューも写真映えを意識したものが定番化しつつある。

そのひとつの正解ともいえる店が、この1月、恵比寿にオープンした『#ヒロキヤ』だ。

店主の池島広樹さんは、元々人気のクラブDJでコアな焼肉マニア。自らメニューを考案し、渋谷『新井屋』、蒲田『肉の頂』など、人気店とのコラボイベントを展開。

イベントでは映え度の高い創作焼肉メニューと店主のサービスが評判を呼び、予約が取れなくなっていったという。

ネオンが光る外観から早速、アガる!

場所は恵比寿駅西口のピーコックの路地を入った新築ビルの1階


エントランスから早速、ネオン管が光り、気分が上がる。

満を時して開店した店舗では「美味しい、楽しい、美しい」をコンセプトにエンタメ性はそのまま、誰が焼いても美味しく食べられるようにメニューを構成。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

こんなユッケあり!? 驚きのユッケが多種そろう!


スペシャリテともいえるのが、ユッケ!通常のものから、アイスクリーム風、メンチカツ風、目玉焼きトースト風などを揃え、どれもユニークで、既視感ゼロ!

まるでアイスクリームのような「味噌ユッケ」は、コーンの中に卵黄を仕込んでおり、食べるときはお皿に逆さにする。

ワッフルコーンを砕けば、コーンのパリッとした食感が加わり、これまた楽しい。


「味噌ユッケ」1,800円。


「揚げユッケ」各1,800円。

「塩ユッケ」1,800円

この、これでもかというほど映えるユッケの数々!

しかも、肉質は素晴らしく、味わいもセンスが光る!

お気に入りがきっと見つかり、また次回も足を運びたくなる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo