スタミナ満点な旨辛グルメが旨い!東京の人気店へ Vol.5

「辛っ…でも旨いっ!」体の芯からアツくなれる、“辛旨鍋”の決定版11選!

寒い日には、体の底から温まる辛い鍋が恋しくなる。

今回紹介するのは、痺れるような麻辣味の「火鍋」と、旨さと辛さの最強タッグ「韓国鍋」。

この冬何度だって食べたい、珠玉の辛い鍋11選。これさえ読めば都内の辛鍋に詳しくなれる!



※まん延防止等重点措置期間中につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!高まる鍋、洒落たおでんをご紹介!アプリのダウンロードはこちらから。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!高まる鍋、洒落たおでんをご紹介!

1.『中村 玄』の麻辣香鍋

素揚げの妙技で旨みをプラス!劇的辛さの“汁なし火鍋”

唐辛子の中から具材を掘り出す感覚は、宝探しのようで楽しい。ヤマクラゲなどが鍋らしからぬ多様な食感を演出。トッピングする肉や魚介の「具材」700円~は、2人前なら3~4品が基本だ。野菜による「鍋底(=ベース)」2,600円


辛い鍋だがスープはなし。野菜もゴーヤなど、鍋ではあまり使われない品目を含め、約20種類が入る。

これが恵比寿『中村 玄』のスペシャリテ「麻辣香鍋(マーラーシャングオ)」。

十数年前、北京で流行した“汁なし火鍋”に着想を得て、現地の美味しさはそのまま、野菜以外の具材を好みで......


【スタミナ満点な旨辛グルメが旨い!東京の人気店へ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo