Age33~分岐点の女たち~ Vol.2

「このままだと、結婚できませんよ」32歳・金融マンの衝撃発言。アラサー女の婚活が厳しいワケ

女にとって、33歳とは……。

32歳までの“20代の延長戦”が終わり、30代という現実に向き合い始める年齢だ。

結婚、キャリア、人間関係―

これは、33歳を意識する女たちが、それぞれの課題に向かって奮闘する2話完結の物語だ。

◆これまでのあらすじ

入籍目前だった婚約者に浮気され、婚活再スタートになった29歳の梨沙子。婚活パーティーで出会った男に微妙な店に連れていかれたことを友人に愚痴っていたら、隣の席に本人がいて…。

▶前回:結婚間近の29歳女。彼が約束より早く家に来て、衝撃的な告白を…


30歳までに結婚したかった女・梨沙子(29歳)【後編】


「あ…えっと」

セルリアンタワー東急ホテルのラウンジで、女友達と婚活話をしていたとき、隣で1人でお茶をしていた男性と目が合い、私は絶句してしまった。

彼こそ、数時間前まで私が代官山で一緒にランチしていた相手。そして今、私が女友達に思いっきり悪口を言っていた本人だ。

― 彼の悪口、絶対聞こえてたよね…?

冷たい汗が背中をつたう。

彼は、私と目が会うと、軽く会釈してから落ち着いた様子で口を開いた。

「梨沙子さんのような、経験豊富な30代の女性を喜ばせるのは、難しいですね。『30過ぎて行く場所じゃない』ようなお店にお連れしてしまって、すみませんでした」

「そんな。こちらこそ、失礼なことを言ってしまって…」

「いえいえ。梨沙子さんの『恋愛のリハビリ』にお役に立てたなら何よりです」

彼の口調は丁寧だが、私に向ける視線は氷のように冷たい。

「どんな素晴らしい方とお付き合いされていたか知りませんが、その人と婚活で出会う男を比べているようでは、結婚なんて無理だと思いますよ」

彼はそう言うと、席を立ち、こちらに一瞥もくれないで去っていった。

向かいに座っている女友達が、小さな声で「もしかして、さっきまで代官山でデートしていた彼?」と尋ねてきたので、私は小さくうなずく。

「結婚なんて無理」という彼の言葉が、心に突き刺ささり、去っていった男性の背中をぼう然と見つめながら、私は考えていた。

― 彼の言う通りかもしれないな…。

元カレ・雄介は、私が今まで付き合った男性たちの中でも、抜きん出て高収入。さらに高身長でイケメンで、センスや立ち居振る舞いも抜群に洗練されていた。「本来であれば彼と結婚できていた」という悔しさや未練で、婚活で出会う男性に対して、ついケチをつけたくなっているのかもしれない。

― でも、雄介みたいなスーパーマンと、普通の婚活で出会えるわけないのよ。だから、彼のことは諦めて、前に進まないと…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
セルリアンに居た男、子供過ぎじゃない?相当むかついたのかもしれないけれど、わざわざ梨沙子達の席に来て、そんなこと言ってたら結婚なんて無理だと思いますよとか。婚活パーティーに来てたお前に言われたくないんだわ😝 しかも自分だって会社の女子はレベル高いとか比べてたくせに!
2022/01/29 05:3388返信10件
No Name
隣で1人でお茶してるって、、さっきまで一緒にいたのに絶対ついてきてるやん。
それに、居たら普通気づくと思うけど。
展開がおかしい。
2022/01/29 05:5071
No Name
まぁ、別れた直後とかまだ気持ちが残っている元カレは、3倍増し位に直してしまうからね〜。でも、たいした男ではなかったと気が付いて次に進めそうでよかった!
2022/01/29 05:2853返信6件
No Name
冬に初対面の女性をテラス席に連れてくるような男と結婚するくらいなら
生涯独身でいい気がする
しかもデートのあと一人でラウンジに入ってたんなら
最初からそこ行けよとしか言えない
2022/01/29 09:0337
No Name
目尻のシワが目立つ30代の小動物か…
可愛らしくはないなぁ。
2022/01/29 05:3420返信2件
もっと見る ( 55 件 )

【Age33~分岐点の女たち~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo