【動画あり】「あの頃は、子供でした…」齋藤飛鳥が、美しい笑顔の裏にひた隠す本音

2021年に、乃木坂46の新しき顔としてセンターに立った、齋藤飛鳥さん。

これからの乃木坂46を担う“エース”をお連れしたのは、まさに次世代の港区イタリアンを牽引する存在として注目を集める、話題のイタリアン『ISSEI YUASA(イッセイ ユアサ)』

そこで、いつになく大人な表情で斎藤さんが語った、新エースとしての本音と決意とは?

彼女のインタビューを、今日と31日(金)の2日に渡ってたっぷりお届けする!

【前編】
■齋藤さんが明かしてくれた、乃木坂のエースとしての自覚と本音
■【WEB限定】編集部は見た!齋藤さんの撮影当日の裏話
■【WEB限定】撮影風景のメイキング動画
■WEB限定の未公開カット!



東京カレンダーのプレミアム会員になれば、この記事で掲載しきれなかった齋藤さんのインタビュー全文と、雑誌の最新号を電子書籍で今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちらから。

「グループ内での立ち位置を改めて見直した、2021年でした」


センター、リーダーなど、立ち位置についての話題が避けて通れないのは、集団の宿命だ。それがアイドルグループであれば、なおのことだろう。

デビューから10年を迎えた乃木坂46だが、昨年、ひとつの転機を経験した。

それは、“絶対エース”であり続けた白石麻衣さんの卒業だ。後輩に背中を見せる立場として切磋琢磨し、同じ1期生として共に駆け抜けてきた齋藤飛鳥さんの胸中は、いかに。

「白石が卒業する前は、そんなに変わることなんて無いだろうと思っていたんです。

乃木坂はメンバーがみんなしっかりしているし、白石もどちらかというと、ぐいぐいリーダーシップを取るタイプではなく、彼女の姿勢を見て、みんなが自然について行く、という感じだったので。

でもやっぱり、変化はあって……」

そう目を伏せた後、どこか遠くを見つめながら続けた。

「後輩とコミュニケーションを取る場面が増えたことで、まず1回つまずきました。

ずっと1期生の最年少として、お姉さんたちに甘えて10年やってきたツケというか。“あぁ、私これやったことないから、どうやったらいいか分からないかも”って(苦笑)」

「悩みと向き合う自分も認めてあげる。少しずついい大人に近づけたらいいな」

「食事の時間が何よりも好き。また是非呼んでくださいね♡」。スタッフを喜ばせようとしてのひと言だったのかもしれないが、店を後にした彼女の表情は、確かに明るかった。こうして活力を蓄えた彼女は、明日も誰かを笑顔にするのだ


「乃木坂46に入ってからしばらくは、選抜でも3列目にいることが多かったですし、数年前に初めてセンターを務めましたが、それも、遅い方なんです。

だから、白石、西野(七瀬)という誰もが認めるエースの横で、“次世代エースだね”と言われてもピンと来なかった。

でも何年もそう言われることが続いて、実際に前に出ることも増えていったけど、急展開すぎて追いつけていなかったと思います。

“なんで?なんで、エースって言われるんだろう……。なんで、なんで?”って、ちょっとした反抗期というか。ハタチ前後は自分でも、ひねくれてたと思いますね(苦笑)」

まさにその“ハタチ前後”だった2018年、2019年には、『情熱大陸』や『アナザースカイ』といった密着系番組にも立て続けに出演。

それは“次世代エース”として、誰もが彼女に注目していた証でもある。

「あの時と今では表情が全然違うって、自分でも思います。当時は悩みもめちゃめちゃいっぱいあって、毎日葛藤してて。尖っていたし、子どもでしたね。

今は悩みがゼロになったわけではないけれど、余裕が出てきたからこそ、充実しているのが表情にも出てるな、って自分でも思います。

あぁ、本音を言えば『情熱大陸』も『アナザースカイ』もやり直したいくらい(笑)。

でも、当時の私を見てファンになってくださった方は、逆に今の大人になった私を見て戸惑ってるかもしれませんね」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo