月に1度は“プチ贅沢な鮨デート”がしたい!鮨の激戦区きっての人気店3選

3.神楽坂の隠れ家デートは、生粋の正統派な江戸前鮨へ
『鮨 りん』

店では赤酢と白酢の酢飯を使い分け、煮ハマグリは白酢。ハマグリを煮詰めた出汁でツメを作るので、甘さがたちすぎずに貝の旨味が口いっぱいに広がる。コース 16,000円~


神楽坂の浮ついてない空気感は、この街の店が作り出しているものでもある。硬派が多く、『鮨 りん』もそんな一軒。

店構えは、網代天井の下に6mもの檜のカウンターが設らえられた数寄屋造り。

大将の矢作直徳さんは『かねさか』をはじめ江戸前鮨の名店で研磨を積み、10年前に独立。職人歴は28年になる。

演出や飾りが多ければ分かりやすく相手を喜ばせられるところ、矢作さんは「豪華にするより見えない仕事を丁寧に」と握る。

煮ハマグリの半生のような炊き加減やツメの深い味わいがその答え。

酢飯には北海道の「ななつぼし」を採用しているが、銘柄にとらわれないよう目隠しをして厳選5種から決めたという一本気。

派手な店が多いいま、ここを選べばものの善し悪しを知る大人と印象づく可能性が大いに高いのである。

正統派な数寄屋造りが、しっとりとした夜を演出

席間もカウンターの後ろも広くとられているので、ゆったり寛げる店内。6名まで利用できる個室も用意。なお、酒師が酒を選んでいることもあり、日本酒のラインナップも幅広い


つき合いの長い間柄といった、落ち着いた客層もまたいい。

デートに相応しい一軒だが、下心は一切におわない。妙に安心感のある、どこか温かい鮨店なのだ。

ここが神楽坂っぽい!


店は飲食店が集まるビルの2階。

木と白壁による門構えもさり気なく、夜になれば店名が書かれた小さな看板がほんのり灯って、隠れ家的雰囲気を醸す。

【デートで選ばれる理由は…】


素材の味を大切にしたり、握りの一番きれいな形と言われる舟形を意識したりと、昔ながらの正統派江戸前です。

古典の面白みを感じたふたりの間には、自ずと会話が生まれます。



都内屈指の鮨の激戦区で熱く支持される名店たちは、月に一度の贅沢デートぴったり。

彼女を確実に喜ばせられるはずだ!


▶このほか:サプライズのある中華はデートに最適!彼女に喜ばれる、確実に美味しい名店5選

東カレアプリでは、令和の時代の「デートレストラン」だけを完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、「レストラン総選挙」特集!東京を艶やかに生きる大人は知っておきたい「デートレストラン」が満載!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は10/21(木)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo