夫力★向上委員会 Vol.3

帰宅すると、異様に機嫌のいい妻が…。夫の知らぬ間に、女がコッソリ会っていた相手

買い物から帰ってきた、妻の異変


「ふふふぅ〜ん♫」

なんだろう。さっきから、妻が変だ。

買い物から帰ってきて以降、異様に機嫌がいい。鼻歌を歌いながら野菜を切っているし、明らかにウキウキしている。

「柚葉どうしたの?上機嫌だね?」
「そうなの〜!!実はね…」

だがそこまで言いかけた柚葉は、急にハッとした顔になって口をつぐんでしまった。

「俊平、ビール飲む?」
「う、うん。ありがとう」

やっぱり変だ。最近柚葉は「飲み物くらい、自分で冷蔵庫から取れば?」と言っていたのに、今日は自らビールを注いでくれる。

ずっと上機嫌のまま、食卓に鶏と大根の煮物を並べる妻。

それらを食べながら柚葉の表情を盗み見てみると、驚くほどニッコニコだ。

こんなにも口角が綺麗に上がっている妻なんて、いつぶりに見るだろうか。しかも、いつもより料理まで甘い気がする。

「あのさ、柚葉。今日の鶏肉、甘くない?…ちょっとだけ、お酢かけてみようかな」
「えっ、これにお酢かけるの?嘘でしょ」
「味変ね、味変」

そう言った途端、目の前の柚葉が顔をしかめた。

「俊平さ…。離婚回避する気持ち、本当にあるの?」
「もちろんだよ!!最大限、努力してるつもりだよ?この前はゴミのまとめ方も習ったし」
「習った?」

流星というキラキラボーイが配信している『夫力向上委員会チャンネル』のことを言うべきか、一瞬迷った。

― ダメだ、これは僕だけの秘密にしておこう。あんなイケメンを見たら、柚葉は惚れるに違いないから。

そう。僕は呑気に、そんなことを考えていたのだ。

この日最強の“夫力”を持つ流星と妻がスーパーで実際に出会い、取り返しのつかない展開になっていたなんて。

そして妻の作った料理に調味料を勝手にかけることが、どれほど失礼なことだったのかなんて。

気がついていなかったのは、僕だけだったようだ…。


◆妻の日記◆


------------------------------------------------------------

9月14日(火曜日)

どうしよう。胸の高鳴りが止まらない。

どうして、あんな場所で流星くんに出会ってしまったのだろうか。そしてなぜ私に、連絡先を渡してくれたのだろう。

頭の中はクエスチョンマークだらけだ。

ただ1つ言えるのは、嬉しすぎて何も考えられない、ということ。

きっと、ファンを大事にしてくれる人なのだろう。それに比べて夫は…。

頑張って作った料理なのに、目の前でドバドバ調味料をかけられる気持ちを知っているのだろうか。結局今日も食べたら食べっぱなし、夫力の向上は一切見られない。

まぁいいや。もう怒らない。流星くんとの出会いは、神様がくれたプチご褒美だから。

流星くんから渡された電話番号に連絡はしてみたけれど、きっと連絡も来ないし、何もないんだろうな…。

そういえば彼、すっごくいい香りがしたな。爽やかなイケメンって、香りまで素敵なのね。

------------------------------------------------------------


▶前回:「ゴミ捨てさえ満足にできない夫は、粗大ゴミと一緒」妻が結婚を後悔する瞬間とは

▶NEXT:9月21日 火曜更新予定
夫のパンツを、自分の洗濯物と一緒に洗いたくない妻

東レデート詳細はこちら >

【夫力★向上委員会】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo