アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜 Vol.2

「私って、お荷物…?」二流大学を出たのに、外資系IT企業の役員になれた女。その悲惨すぎる待遇とは

キャリアが欲しい。名声を得たい。今よりもっとレベルアップしたい。

尽きることのない欲望は、競争の激しい外資系企業のオンナたちに必要不可欠なもの。

しかし、ひとつ扱いを間違えると身を滅ぼしかねないのも、また欲望の持つ一面なのだ。

貪欲に高みを目指す、ハイスペックな外資系オンナたち。

その強さと、身を灼くほどの上昇志向を、あなたは今日目撃する──

▶前回:「年収900万なら離婚して」自分より低収入の夫を”クビ”にしたハイスペ妻。予想外の代償とは

File2. 真理子(28)国内SIer SE→外資系IT企業執行役員
「MBAから執行役員へ-その努力の果ての誤算とは」


― 私も、華々しいキャリアの入口に立てる。

社会人大学MBAコースの入学書類を手に、真理子はこれまでを振り返っていた。

ビジネス雑誌に載るような一流大学を卒業して、都心のビルにオフィスがある外資系企業で活躍する女性になりたい。

ずっとそう思っていた真理子だったが、実際のところは、中堅大学を卒業後に社員150名程度のSIerに勤務し、SEとして主に公共クライアントを担当する毎日。

就職活動では外資系企業にもエントリーしたが、中堅の大学では一次面接すら受けることができず、ようやく入社できたのが今の会社だ。

秋葉原にある、天井が低く薄暗いオフィスビル。未だに電話番のあるような昔ながらの社風。隣には、オフィスに入った途端にサンダルになる男性社員。

こんな地味な環境では、おしゃれする気にもなれない。

今の自分は、「外資系企業で活躍するような女性」にはほど遠い。そんなことは、誰よりも真理子自身が一番わかっていた。

― でも、そんな私とも今日でお別れ。私、絶対にキャリアを一発逆転してみせる。…ここで、MBAを取って!

そう思いながら真理子は、入学書類を強く胸に抱きしめる。

通い始めるのは、終業後に通う夜間コースだ。ハードな毎日になることは予想できたが、外資系への憧れを捨てきれなかった真理子にとって、MBAの取得は人生を変えるための最終手段だった。

「MBAを取得すれば、何か変わるかもしれない」

期待に胸を膨らませながら、真理子は小さくそうつぶやく。

そしてその言葉は、わずか2年後に実現するのだった。

【アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo