土日に会えない男 Vol.8

「仕事が多忙で…」と本命女にLINEした男が、南青山で別の女としていたコト

平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。

それが東京で生きる女たちの姿だろう。

でも恋人と、“週末”に会えないとわかると

「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。

これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。

◆これまでのあらすじ

IT会社でアプリをプロデュースする笹本美加(28)は、脚本家の釘宮海斗(32)と恋に落ちた。だが彼は土日になると音信不通になる男だった。

海斗は、自らの恋愛における未熟さを懺悔したうえで「ちゃんと付き合ってほしい」と告白する。だが美加はそれを断った…。

▶前回:「ありえない…」彼の家で元カノと鉢合わせ!?その女から告げられた、衝撃の真実


5th week 「密会」

―月曜日―


出勤前、身支度を整えながら美加は、鏡の前で溜息をつく。

昨日、海斗は告白してくれた。出会ってから4週間。悪くないテンポだ。

ただ、告白の理由がひどかった。

海斗は、体の関係になったあと、正式に付き合おうとせず、だらだらと大人の関係を続けてしまう悪癖があるという。

そのことを懺悔したうえで「今後は悪癖を直していきたい。だから恋人として付き合ってほしい」と言ってきたのだ。

― 素直に…喜べるわけないよ。

彼の欠点克服のために、利用されているだけではないかと美加は感じた。

― 悪い癖を直すことと、私と付き合うことは関係ないですよね。私は、海斗さんが成長するための、踏み台なんですか?

昨夜、助手席にいた美加は、運転席の海斗に向かってそう言ってやりたかったが、グッと堪えた。

「今は…無理です」

そう返事をして、家まで送ってもらいバイバイした。

とはいっても、海斗の気持ちを確認できて安堵した側面もある。

― 海斗さん、“今は”まだ付き合えないっていう意味、わかってるのかな?

美加は、先週、アプリ開発チームのプロジェクトリーダーに任命された。先輩である沙希から独り立ちして、最初の仕事だ。だから、今は仕事に集中したかった。

仕事が落ち着くまでは、海斗との関係は“現状維持”でいいと考えている。

それにこの1ヶ月間、美加は心も体も、海斗に散々振り回された。だから、美加も少しくらいワガママを言っても許されるだろう、という気持ちもあった。

― あ、もう8時。とにかく、今は仕事に集中!

支度を終えた美加は、決意を新たに家を出た。

【土日に会えない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo