アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜 Vol.1

アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜:「年収900万なら離婚」自分より低収入の夫をクビにした妻

― どうせ「ヨリを戻したい」とか書いてあるんでしょ…。

そんな気持ちで手紙を読み進めはじめた佳奈子の心臓が、早鐘のように打ち始める。

簡素な挨拶のすぐ後に書かれていた内容。それは、雄介が再婚するという報告だったのだ。

『再婚はしたけれど、もちろん凛の父親としてはこれからも…』

そこから先の文章が、全く頭に入ってこない。

― なんで、あんな低スペックな男が私より先に…。

佳奈子の頭は、そんな考えと動揺でいっぱいになってしまったのだ。

信頼する友人からの、思いもよらぬ言葉


数日後。『オークドア』のテラス席に里奈の姿を見つけた佳奈子は、柄にもなく小走りで駆け寄り、向かいの席に座った。

「里奈、突然呼び出してごめんね。どうしても聞いて欲しい話があってさ…」

ウエイターに手早くランチのステーキサンドとアイスティーを注文すると、待ちきれずに里奈に向かって雄介の再婚についての愚痴を吐きはじめる。

雄介からの手紙を読んだあの夜。どうしても動揺が収まらなかった佳奈子は、久しぶりに昔からの友人である里奈に連絡を取り、今日のランチの約束を取り付けたのだった。

中高の同級生である里奈は、慶應大学を卒業後、商社の総合職として活躍している。才色兼備でもある彼女は、佳奈子にとっては数少ない“同レベル”の人間だ。

ともすれば自慢話にもなりかねない佳奈子の愚痴や悩みも、里奈なら理解して共感してくれる。そう思っていた佳奈子は、堰を切ったような勢いで、思い通りにいかない近況についてこぼし続けた。

「雄介から再婚するって連絡があったの。あんなに私との離婚を渋ったくせに、あっさり再婚するなんて信じられなくない?

私も色々頑張ってはいるけど、なかなかいい人っていないよね。私と同じくらい稼ぐ同年代の男ってどこにいるのかしら」

食事とともに愚痴が進む。“同レベル”の友人に気の置けない話ができる楽しさ。

黙って話を聞いている里奈の表情が浮かないことにも気づかずに、佳奈子はどんどん饒舌になっていった。

しかし…。

「でもね、やっぱり凛のことが大切だから。やっぱり弟か妹を生んであげたいなぁって。だって、1人じゃ可哀そうじゃない?」

そう佳奈子が口にした、その時だった。

ずっと俯き加減だった里奈が、急に顔を上げたかと思うと、憐れむような眼差しを向けて言った。

「あのさ、佳奈子。ずっと話聞いていたけど…。私、佳奈子の言っていること、全然理解できない」

「え…?」

里奈の口から飛び出した、これまで聞いたことのない冷たい声。あまりの驚きに、佳奈子はただ凍りつくしかなかった。

「佳奈子、人を何だと思っているの?年収が高いのがそんなに偉いことなの?雄介さんは、収入はあなたが望むレベルではなかったかもしれないけど、堅実で優しい人だっ......


【アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo