婚活アポ~27歳ワセ女の場合~ Vol.1

婚活アポ~27歳ワセ女の場合~:「今年こそ、結婚!」年収800万・高学歴女の悲惨な婚活事情

婚活に奮闘する人たちは、初デートのことをこう呼ぶ。

「婚活アポ」

ある程度仲良くなるまで、男女の約束は仕事と同様“アポイントメント”なのだ。

そんな激しい婚活市場で、数撃ちゃ当たるとでも言わんばかりに、東奔西走する一人の女がいた。

失恋にも負けず、婚活うつにも負けず、アポ、アポ、アポの日々。

なぜって、元カレよりも素敵な人と結婚したいから……。

これは「真面目に努力すれば、結婚できる」そう信じて疑わない、早稲女・夏希の『婚活アポダイアリー』。


27歳女が失恋よりつらいこと


「ほ、包丁…?」

土曜の夕暮れ。

私は、大学時代の2コ上の先輩・アキさんと渋谷でアフタヌーンティーを満喫していた。

鮮やかな色のカクテルに、スイーツ。店内はたくさんの花や緑で飾られ、まるで海外リゾートに来たかのような雰囲気にテンションが上がる。

おまけに今日は、私の27歳の誕生日。

そんな記念すべき日に、アキさんから贈られたのは、“鬼切 DEMON KILLER”と書かれた包丁だった。

「ビックリした?見つけた瞬間、これだ!!ってビビっときたんだよね。包丁は悪縁を断ち切って、良い未来を切り拓くって意味があるんだって。だから今の夏希にぴったりだと思って!」

「アキさん…」

いかめしいロゴの入った包丁にこめられたアキさんの心遣いが、傷心の心にしみる。

つい先週別れた彼氏とは、半年ほどの短い恋愛だった。

「今年こそ結婚!」を目標にしていたから、予定が狂い、私は打ちひしがれていた。

「彼を失ったことじゃなくて、『また、婚活しなきゃいけないこと』がつらいです…」

元彼は外資系投資銀行で働く30歳で、去年の12月にアプリを通じて出会った。年末年始のイベント効果もあったのか、クリスマスや初詣はかなりいいムードだったのだ。

― 明治神宮へ初詣に行ったときなんか、「ずっと、一緒にいられますように」なんて仲良く二人で絵馬まで書いたのに…。

でも、ドキドキしているだけで過ぎていく3ヶ月を過ぎた頃、ふたを開ければ趣味や嗜好が合わない彼とは、自然に会う回数が減っていった。

バレンタインやホワイトデーなどのイベントが過ぎたら、関係性は下火に。

そして、誕生日の1週間前に、彼から別れを切り出された。

私だってこうなることはわかっていたが、誕生日までは持ちこたえられたら、なんて浅はかなことを考えていただけに少し悔しい。

【婚活アポ~27歳ワセ女の場合~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo