ビストロ ド ラ シテ

BISTROT DE LA CITÉ

午後への英気を養う
千円ステーク・フリット

ビストロと名のつくレストランは、日本に数多くある。だが、西麻布『ビストロ・ド・ラ・シテ』ほど、その名にふさわしい場所は、ない。

深紅のベンチシート、木のテーブル、ロートレックのポスターや古きパリの写真、ギシギシと音を立てる木の床、良き具合にくすんだ壁や柱……。そのすべてに、時間と客の愛着がたっぷりと染み込み、成熟した店だけが持つ安らぎが、漂っている。座れば、さあ今日も美味しいものを、たらふく食うぞという気分が、体の奥底から沸き上がる。

頼むは、パリジャンの好物、昼食の定番「ステーク・フリット」1000円也。まずは滋味深いコンソメで、心を温めよう。次に、塩と酸がきっちり効いた、ヴィネグレットソースをまとったサラダで、胃袋を刺激しよう。

そしてステーキ。170g超の肩ロースは、バリッと焼かれ、さあ食べろと迫ってくる。どっさり盛られたフライドポテトは、おかわり自由。あとは脇目も振らず、肉にかぶりつけ。ナイフで切っては噛み、切っては噛む。肉を噛み締め、溢れる肉汁と脂を舌に広げ、肉食う喜びを募らせる。

おっと、300円のグラスワインを頼むのを忘れてはいけない。この1杯が、ビストロならではの享楽を、高めてくれるのだ。

40年の時を経た空間でいただく、1300円の充足。東京って、ステキだなあ。

●まっきーまきもと
"タベアルキスト"として、さまざまな雑誌で執筆する他、食通からの信頼も厚い『味の手帖』顧問も務める。早くて安くて旨い! 1000円台で味わえるパワーランチを提案


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ