Uターン女には理由があって Vol.2

彼氏にフられ実家に逃げ帰った35歳女が、ある朝パソコンを開いて愕然としたワケ

東京で暮らしていれば、受けられる恩恵はたくさんある。

流行りのレストランに、話題のエステ。雑誌に載っている可愛い靴やバッグだって、すぐ手に入る。

― 東京こそ、私の生きる場所。これからもずっと。

そう思っていたアラサー女は、突然やってきた“転落人生”で、東京を離れることになり…。

◆これまでのあらすじ

彼氏と別れ、フリーランスの仕事もうまくいかなくなった千佳。その状況に追い打ちをかけるように、マンションの更新通知が届いてしまう。

更新料を支払えなかった千佳は、実家へと出戻ることになり…?

▶前回:職も彼氏もなくした35歳女は、ポストに届いた“あるモノ”に絶望し…


ガチャガチャとせわしない物音が、どこからか聞こえてくる。

― もう!うるさいなあ。

まだ薄暗い部屋の中。枕元で充電していたスマホを手に取ると、朝の5時前だった。

早朝から近くの部屋の騒音がひどい。あとで管理会社に一報を入れようと考えてすぐに、ここが東京のマンションではないことに気づいた。

私は昨日、千葉県南房総市に帰ってきたのだ。高校を卒業するまで暮らしていた実家。物音の主はきっと、朝食を作る母親だろう。

ぼんやりと寝ぼけた視界に入ってきたのは、中学生の頃に買ってもらった勉強机と、当時は大のお気に入りだったチェック柄のカーテン。

引き出し収納がついたベッドは実用的だけれど、もう20年以上前のものでどこか古臭い。

今の気分に合うものなんて、何ひとつない部屋。

それらを見ていると、東京での生活も、仕事も彼氏もすべてを失ったという現実をまざまざと思い知らされる。虚しい気持ちで胸が押しつぶされそうになった。

ここに帰って来たのは、はたして正解だったのだろうか。そしてここに、いつまでいるのだろうか。

そんな気持ちのままパソコンを開いた私は、愕然とした。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
突然実家に帰ってくることになって、ご両親に快く迎えてもらったのなら、何か家のことを手伝おうとかそういう気持ちって無いのかな?朝食の支度も手伝うとか何かできない?と思ってしまった。
2021/06/16 05:4099+返信15件
No Name
千佳、いろいろなところがちょっとズレてる気がする。ど田舎に帰省するのにハイヒールで今まで帰ってたの?コーヒーが好きなのはわかるけど、貧乏なんだから豆買って引いて自分で落とせばいいじゃん、それなら毎日すぐ飲めるよ! ヨガパンにスポーツブラで田舎のコンビニ行ったら、そりゃジロジロ見られるわ😂
2021/06/16 05:3789返信18件
No Name
出戻りのくせにいろいろ痛いわ笑
2021/06/16 05:4754返信1件
No Name
行ったこともなかった田舎に引っ越したのならともかく、実家に帰ったんだから舗装されていない道にヒールの踵が突き刺さる事、Wi-Fiがない事、コーヒーメーカーがないことなんて分かってることじゃない?それでこれだからから田舎はって文句を言うんじゃなく自分で環境整えれば良いのに。
こんなんだから、仕事上手くいかないんだよ。
2021/06/16 07:1951返信2件
No Name
たった1日、朝から騒音がするだけで管理会社に連絡しなきゃって…千佳って短気なんだね。
2021/06/16 05:5842返信2件
もっと見る ( 101 件 )

【Uターン女には理由があって】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo