自分が納得していれば、いい。川栄李奈の、自分らしく生きるための大切な秘訣とは?【動画追加!】


アイドルグループ「AKB48」を2015年に卒業し、女優へと転身した川栄李奈さん。

女優として確かな存在感を示し、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』のヒロイン役を射止めた、今注目の彼女。

自信に満ちた姿と、真っ直ぐな仕事への思いに心打たれた。

2日に渡ってお送りしている、川栄李奈さんのインタビュー後編では、更に彼女の魅力を探ってみた!

▶前編はこちら:「気合いを入れてごはんを抜いてきたぐらい(笑)」肉ラバーの川栄李奈ご満悦の肉割烹とは?



東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、この記事で掲載しきれなかった、女優として輝く川栄李奈さんのインタビュー全文と、雑誌の最新号を電子書籍で今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちらから。


「子どもの頃から、家族は私に好きにやらせてくれました。否定されることがほとんどなかった。

自分が納得していれば、いい。その代わり、何をやってもすべては決めた人の責任になる。

そうした考え方が自ずと養われていたので、一生懸命働こうと、それだけを考えていました」

自由と責任は表裏一体。自由に生きるのは決して楽に生きることではなく、責任をともなう。彼女の話が示唆しているのはそういうことだ。

自分だけで決めた道なら、人はどうにかして好転させようとするはず。それが上手くいく秘訣です


自分の意思を貫けて、なおかつ自分を俯瞰できる、最強のバランス感覚の持ち主。川栄さんに対してそんな印象を抱きつつ、最後にこんな質問をした。

「自分の意志を貫けず、他人に意見を求めながら右往左往する人に、何てアドバイスする?」

彼女の答えはこうだ。

「誰かと相談して決めると、上手くいかなかったときに人のせいにしかねませんが、自分で決めたことならば是が非でもプラスに転じるように努力する。

これが長く続けられる秘訣なのではないでしょうか。

ただし、無理してまで続ける必要はないと思います。無理は自分の気持ちに背くことと同じような気がするので」

26歳にしては達観したコメントだった。でも、きっとそうなのだろう。

彼女は本能のおもむくままに突き進んできたから、自分を信じて発言できるのだ。曇りのない瞳が、それを如実に物語っていた。

NEW!【川栄李奈さんの動画インタビューはこちら!】

▶前編はこちら:「気合いを入れてごはんを抜いてきたぐらい(笑)」肉ラバーの川栄李奈ご満悦の肉割烹とは?

■プロフィール
川栄李奈 1995年生まれ。神奈川県出身。2010年、アイドルグループ「AKB48」に11期生として加入し、15年に卒業。以降は女優として活躍。21年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への出演が決定。

■衣装
ドレス 80,300円〈ロキト/アルピニスム TEL:03-6416-8845〉、ピアス(SAKURA 1ピース)33,000円、ピアス(FUJI 1ピース)44,000円〈ともにチェリーブラウン TEL:03-3409-9227〉、リング(薬指)13,200円、リング(小指)9,900円〈ともにプティローブノアー TEL:03-6662-5436〉



東京カレンダー最新号では、川栄李奈さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた、アイドルグループ「AKB48」を卒業後、女優として活躍する川栄さんの、自分らしく生きるために大切なこととは?

アプリのダウンロードはこちらから。

東カレアプリでは、「旬な人、そして旬な店」を完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、渾身の「今、気になる人、気になる店」特集!話題の店にお招きしたからこそ聞けた、旬な著名人たちの「今」、とくとお楽しみあれ!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は5/21(金)から。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo