23区のオンナたち Vol.2

「もしかして、監視されている…?」年収1,300万の夫を持つ“勝どきタワマン妻”の憂鬱とは

住んでいる街によって、人生は変わり、また人も変わる。

2020年、東京の街は大きく変貌した。

店は閉まり、代わりにフードデリバリーの自転車を頻繁に見かけるようになった。また時差通勤やテレワークが導入され、ラッシュ時の人は減った。

では、東京に住む女の人生は、どう変わったのだろうか? エリア別に、その実態に迫る。

今回は中央区・勝どきに住む、英理奈(35)の話。

▶前回:年収560万、麻布十番在住。貯金残高が100万を切って直面した、リアルな危機


コンクリートジャングルに疲れた勝どきタワマン妻・英理奈 (35歳)


「はぁ…」

娘の葵を月島第二児童公園で遊ばせながら、思わずため息が出てしまった。

昨夜の夫・徹平との喧嘩を思い出してしまったのだ。

気分を変えたくて空を見上げる。だが勝どきはタワマンばかりのため、その空は四角くて狭い。

「なんでこんなに、狭くて息苦しいんだろう......


【23区のオンナたち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo