絶対に押さえておくべき、未来のレジェンド店へ!実力派のニューフェイス3選

人気、実力ともに抜群のお店が多い恵比寿だが、お店の栄枯盛衰が激しいのも事実。

今回はここ1〜2年でオープンし、徐々に人気を集めているお店を徹底調査。

いい店はリピーターを増やし、いずれ予約が取れなくなることも考えられる。早いうちから目をつけておきたい!

【関連記事はコチラ】恵比寿に名店が続々誕生! デートにも使える「大人な新店」3選

遊び心に溢れた坂上の新たな鮨店『恵比寿 鮨ふじまさ』

「うにはお好きですか?」の一言に頷くと、この盛りに!


銀座や西麻布の超高級店は正直、敷居が高い。もう少し気負わず行けて、それでいて、確かな腕前を堪能できる江戸前鮨の店があったなら…。

そんなニーズに応える 鮨の新星が、久々に恵比寿に現れた。ここ『恵比寿 鮨 ふじまさ』だ。

中央に設えられた檜の扉の木製冷蔵庫が風格を醸し出すカウンターは、職人の手元がすべて見渡せる“フルフラット”の潔さ

カウンターは10席で、握り手がふたり立つ。木の温もりと、石材を使ったクールな質感が特徴的


中に立つのは日本料理店での経験も豊富な鎌田 研さんと、鮨一筋のベテランである金子朋永さん、そして若手の大吉 岳さんという3人。

チームワークも上々で、和やかな雰囲気で店を切り回す。

天然の本マグロをはじめとするタネの仕入れは、各人が信頼関係を築いている仲卸から。

そして酢飯は「もっちりとした大粒で、旨みの強い赤酢と相性がいい」という福島のコシヒカリだ。

コースの最初に手渡される「手巻き」には、赤酢の酢飯とまぐろのすき身をたっぷりと巻いて。この日は大間の本まぐろ。全て ¥20,000のコースより


コースは、握り中心の1万6000円と、趣向を凝らしたつまみも楽しい2万円の2種類。

本まぐろのすき身の旨さを直球で味わえる「手巻き」に始まり、「ウニの軍艦巻き」はご覧の通りの気風の良さ。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

煮切り醤油に漬けた「赤身のヅケ」には、福井の食材店『麩市』名物の「地からし」を添えてピリリと香ばしく。

「白子フライ」は2つに切って供する。ひとつには藻塩、もうひとつには黒コショウを振って頂く。

また後半には、鮨店では珍しい「白子のフライ」などの酒肴も登場し、食べ進むごとにリラックス。

こんな鮨屋を待っていた!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo