悪い女 Vol.1

悪い女:「キスだけでもいい…」43歳男に、1回の買い物で100万円以上使わせる17歳年下女の正体

いくら時間と金をかけても、モノにならない。

平気で人を振り回し、嫉妬させ、挙句の果てに裏切る―。

東京には、嵌ったら抜け出せない、まるで底知れぬ沼のような女がいるという。

なぜ男たちは、そんな悪い女にハマってしまうのだろうか…?


【今週の悪い女】
名前:唯
年齢:26歳
職業:IT企業勤務
学歴:東大院卒
外見:黒髪の清楚系

俺のことを誰より分かってくれている、と思わせる女


『あと10分もしないで着くと思う』

待ち合わせ場所に向かう途中の、西麻布交差点。

正輝は“彼女”にLINEを入れた。

送ったLINEはすぐに既読になったが、当たり前のように返事はない。

1度も約束を反故にされたことはないのに、彼女は来てくれるのだろうか、と毎回正輝はソワソワしてしまう。

「お待たせ」

はやる気持ちを抑え、約束の時間ちょうどに着くと、彼女はスターバックスのカップを2つ差し出してきた。

「はい。ダブルエスプレッソのラテか、ブラック」

人前では余裕のある男のように振舞っているが、実は細かなこだわりが無数にあり、気分屋。そんな自分を、彼女は誰よりも分かってくれている。

正輝は、これまで数多くの若い女性と付き合ってきて、周りから言わせれば女たちを“育ててきた”らしいが、唯だけは違う。

今年43歳になる正輝は、17歳も下の唯に、激しく”恋”をしているのだ。

【悪い女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo