今田美桜を話題のホテルダイニングでもてなしたら、最高の笑顔を見せてくれた!

全10話連続でTwitterの世界トレンド1位を獲得し、日本中に旋風を巻き起こしたドラマ『半沢直樹』に出演。

そして、実に幅広いジャンルの企業から起用され、数多くのCMにも登場。

一気に知名度を上げ、激動の2020年を鮮やかに彩った注目の女優・今田美桜さんを、今年開業して最も話題を集めたラグジュアリーホテル「フォーシーズンズホテル東京大手町」のレストラン『est(エスト)』へお連れした!


インタビューは、今日と明日の2日に渡ってお届けします!


聞けば、本格的なフレンチを食すのは今回がほぼ初めてのことらしい。

その晴れやかなテーブルについて、今田さんは何を思うのか。自らの“快進撃”を振り返り、一体、何を語ってくれるのだろうか。

東京カレンダーのアプリを使えば、本インタビューを含め、雑誌の最新号を今すぐ全ページお読みいただくことができます。


明日配信予定の『後編』も、アプリから今すぐ全文読めます!
アプリのダウンロードはこちらから。


日本人の舌に寄り添う、東京の最旬フレンチ


2020年はラグジュアリーホテルが立て続けに開業する一年となり、食のジャンルにおいても数々の刺激的な話題が提供された。

その中で頭抜けているのが「フォーシーズンズホテル東京大手町」の最上階、39階にあるレストラン『est(エスト)』。

かつて同じレストランでエグゼクティブシェフとペストリーシェフを経験し、ミシュランの二ツ星を守り抜いた2人の実力派料理人。

彼らが再タッグを組み、日本のテロワールに根差したコンテンポラリーフレンチを提供する店である。

『est』はガストロノミーが体験できるものの、肩肘張らず気軽に食事ができるようにとさまざまな工夫を施している。

例えば木製のテーブルには敢えてクロスを敷かず、素材の温かみを生かすといった具合だ。


今田さんが体験したのは「EMOTION」と名付けられた20,000円(税サ別)の9品コース。

写真は2品目の「カボチャ キャビア」。一見するとラビオリのようだが、カボチャのピュレを包んでいるのは実はパスタ生地ではなく、大根のスライス。

この演出は今田さんにとって想定外だったようで、口にした瞬間、その特徴的な瞳が驚きで真ん丸に。


こちらは、ソースも工夫されている。

生クリームを用いているのかと思いきや、優しい風味のリコッタチーズを牛乳でのばしたところにキャビアを加え、カボチャの甘みを際立たせている。

シェフの知恵が光る、心憎い一皿だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo