振り返れば、そこにいる Vol.1

「私のことアリじゃなかったの?」オトせたと思っていた男の態度が、翌朝になって急変したワケ

彼と初めて出会ったのは、社内研修でのことだった。

仁美が新卒から6年勤めているのは、誰もが一度は耳にしたことがある有名な大手保険会社の大阪支社。

そこで月に一回行われる社内研修には、毎回東京本社から担当者がやってくる。ここ数回は、本社で営業成績がトップだという佐伯が、研修の講師を担当しているのだ。

佐伯は30代半ばくらいだろうか。28歳の仁美にとって、彼の落ち着いた大人の色気は魅力的に思えた。

それにスラリとした体型と、こちらを見据える大きな瞳。物腰柔らかだが聡明な話し方。さらに飛び交う質問にもサッと答える、頭の回転の速さ。

そのどれもが素敵で、仁美は一瞬にして佐伯に心を奪われてしまったのだ。

そして彼が研修をするようになってからというもの、“面倒くさい”としか思えなかった時間が楽しみになった。

むしろ仁美たちの前に立つ佐伯を見つめ、口元が緩むのを必死に我慢しているぐらいだ。研修中に目が合うたび、胸の高鳴りは加速していくばかりである。

しかし仁美のひとめぼれで始まったこの恋。佐伯とは、なかなか研修以外で接点を持つことはできなかった。

そんなとき仁美の身に、ある“ラッキーな出来事”が起きたのだ。


「それでは、本日の研修はこれで終了です。お疲れさまでした」

それは、昨日の研修終わりでのこと。

佐伯が研修終了の合図を告げた瞬間、室内はざわつきはじめ、皆は順番に会議室を出て行く。

しかし仁美だけは席を立とうともせず、ネクタイをほんの少し緩めながらパワーポイントを終了する佐伯の姿を見つめていた。

スクリーンに一瞬だけ佐伯のデスクトップ画面が表示されたのを見て、仁美はプライベートを覗き見たような気持ちになり、なんだか照れくさくなる。

すると研修を終えた佐伯の前に、数人の女子が集まりだした。…何やら先ほどの講義について質問をしているようだ。

―これってもしかして、佐伯さんと距離を縮めるチャンスかも?

このチャンスを逃すまいと、仁美はその輪の方へ向かって行く。すると、彼女たちが踏み込んだ質問をしているのが聞こえてきた。

「…佐伯さんって、彼女とかいるんですか?」

「いや、彼女はいないけど?」

ほぼ初対面の社員からプライベートなことを聞かれているのに、佐伯は怒るでもはぐらかすでもなく、淡々と答えている。

その優しさにうっとりとしながらも、佐伯が発した「彼女はいない」という言葉を噛みしめた。

―あんなに素敵な人なのに、彼女いないんだ。

一方、佐伯を取り囲む女子たちも「本当ですか~?」と茶化しながらも嬉しそうにしている。…これはライバルが多そうだ。

仁美は彼女たちを少しでも出し抜くため、勇気を出してこんなことを言ってみた。

「…あの、佐伯さん!営業のことで詳しく聞きたいことがあって。もしよかったら今夜、飲みに行きませんか?」

「へえ。夏川さんって仕事熱心なんだね。いいよ、行こう」

佐伯が快諾してくれたこと以上に、名前を覚えてくれていたことに驚き、仁美の心臓は大きく跳ね上がる。

結局、その場にいた女子数名も一緒に食事に行くことになったが、そんなことが気にならないほど、仁美は浮かれ気分でいたのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
彼女はいないけど、妻がいる……。佐伯春樹はそんな男。
2020/11/24 05:2599+返信10件
No Name
いや。社内研修してくれてる先輩社員に、講義の後に彼女の有無とか聞かないから。大学生か?
2020/11/24 05:2299+返信9件
No Name
彼女はいないけど女房子供がいるとかねw
2020/11/24 05:2594返信1件
No Name
社内研修の講師が、研修を受けている後輩にその日のうちに手を出すなんて、、、人事の耳に入ったらどうするんだろう
軽率じゃないかな。
2020/11/24 08:5634返信1件
No Name
連絡先交換なしで寝るなよ。既婚者じゃないの?
2020/11/24 05:3030返信1件
もっと見る ( 51 件 )

【振り返れば、そこにいる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo