たかが離婚、されど離婚 Vol.10

離婚までの100日間。幸せな夫婦生活の裏で、妻の知らぬ間に夫が準備していた計画


ー3年前ー

帰宅した瞬間から、予感はあった。

いつもよりも温度が低い部屋。玄関にはキーケースに入っていない裸の鍵。

廊下を歩いていくうち、悪い予感は色濃くなっていく。

リビングにあったはずの物が半分なくなっているのを見た時、友梨は確信した。

―彼が出て行った。

テーブルには見慣れない紙が残されていた。隣には小さな封筒も。

―見たくない。

直感でそう思った。

何度か深呼吸をした後にゆっくりと持ち上げたその紙は、鉛のように重く感じる。まるで腕がしびれていくような感覚に囚われた。

そのまま床にお尻をついて座り込む。そこから根が生えたかのように、友梨はしばらく動くことができなかった。

【たかが離婚、されど離婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo