小石原はるかの 「偏愛スケジュール」 Vol.7

セントル ザ・ベーカリー

CENTRE THE BAKERY

今、奮発するならコレ!な
話題のごちそうサンドイッチ

見よ!この厚み

前号の『スーパーホットドッグ』に続き、今号も“肉類をパンに挟んだ食べ物”のご紹介で恐れ入ります! でも、今月も素晴らしい一品に出会ってしまい……。

おなじみのブーランジュリー『VIRON』が、新たに手掛けたのは意外や、食パンの専門店『CENTRE THE BAKERY』。

焼いているのは、「国産小麦の角食パン」と「北米産小麦の角食パン」そして「長期熟成の山食パン」の3種のみ。そして、販売スペースに加え、それらを使ったトーストやサンドイッチを食べられるカフェを併設しています(ちなみに、夜は『VIRON』のパンとシャルキュトリーやメインディッシュ、ワインを楽しめるビストロに変身)。

さて、数あるサンドイッチメニューの中で、ひときわ目を引くのが「ビフカツサンドイッチ」。「北米産小麦の角食パン」で挟んでいるのは、国産和牛A4ランクのフィレ肉150g。大胆な厚切りで、揚げ具合はごくレアだけれど、そこはさすがフィレ肉。難なく噛み切れ、なんとリッチな味わい♪

さて、このビフカツサンド、HOW MACH? 答えは……6300円也! さすが、お値段もすこぶるリッチ。が、それだけの価値はあるお味。“ここぞ”なハレの日に、ぜひお試しあれ!

●こいしはらはるか
一度ハマると歯止めの利かないマニアックな気質と頑強な胃袋を持つ、人呼んで"偏愛系ライター"。著書に『麹の「生きた力」を引き出す本』(青春出版社)など


東カレアプリダウンロードはこちら >

【小石原はるかの 「偏愛スケジュール」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ