ミリオネアの妻たち Vol.3

38歳の妻がとった、1本の電話…。年収2億円「27歳年上夫」との空虚な生活

―0.019%

これは国税庁の『統計年報』から推計する、日本で年収が1億を超える人の割合だ。

彼ら“ミリオネア”に出会える可能性はかなりレアだが、その男たちを射止めた女たちは実際に存在する。

それは一体どんな人物なのか?その生態を探ってみよう。

▶前回:「何これ…?」妻が見てしまった、夫のスーツのポケットから出てきた紙切れの正体


【27歳年上の男を射止めた女】
名前:美加
年齢:38歳
職業:専業主婦(二児の母)
夫の職業:不動産会社代表(創業者)

大学時代に知った、生まれ持った格差


「この間アプリで会った彼…悪くないけど、普通過ぎて決め手に欠けるんだよね」

美加が『とらや本店』のテラスで一人お茶をしていると、自分と同い年くらいの女性たちの会話が耳に入ってきた。

―結婚、焦ってるんだろうな…。

彼女たちと歳が変わらないであろう美加には、まるで想像のできないこと。もう18年も前に、美加は妊娠したからだ。

大学3年生になる年の出来事だった。

地方のサラリーマン家庭で平凡に育った美加は、奨学金を借り東京での大学生活をスタートさせていた。

授業とアルバイト三昧な日々。

欲しいものも行きたいところも山ほどあったが、東京でそれは簡単には叶わない。

そんな中、生まれながらにして勝ち組がいることに気がついたのだ。

実家が青葉台にある一軒家とか、上京する時に親がマンションを買ってくれたとか、そういう類の同年代だ。

―毎日授業とアルバイトで疲れている自分とは全然違う…。ああいう生活がしたい。

そう思い、裕福な男性と付き合い結婚するのが1番早いと感じ、実行に移した。

そして1番身近だったバイト先の社長を、ターゲットにしたのだ。

【ミリオネアの妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo