おひとり様でサクッと握りをつまみたい!1貫からお好みで気軽に普段使いできる寿司店!

サクッと寿司でもつまみたいけど、今から誰かと時間調整するのもな…という時、一人でも寄れる店があればいいのに…。そんなあなたに朗報だ。

買い物の途中、映画の帰り、おひとりさまでも気軽につまめる、ちょうどいい寿司店があるのだ。

好きなネタを3,4貫ぱっとつまむのでもOKという店が2020年9月に誕生!『鮨〇△(すしまるさんかく)』の魅力を紹介しよう。

普段は感染予防のシートがカウンターと板場の間にかかり、入口も広く開き常時換気されている

一貫でもOK!気軽に立ち寄れるのが嬉しい
立ち食いスタイルの鮨屋が誕生

「今夜は鮨が食べたいけれど、コースでゆっくり食べる時間はないし、そもそも今から予約をとるのは無理そう…。」

そんな夜にこそ訪れたいのが、2020年9月に誕生した『鮨〇△』。

立ち食いスタイルで、なんと鮨一貫からでもオーダー可能。コバラがすく時間に、3,4貫さっとつまんで帰る粋な客もいるという。

つまみを数品頼んで〆に鮨という使い方でもOKゆえ、自分好みに鮨を楽しめてしまうのだ。

「中トロ」(600円)

本格的な鮨でありながら“気軽”
好きな握りを好きな量でパッと味わえる

2011年から同じ場所で『鮨〇×』として営業していた同店。大将の杉浦氏が「自分が行きたい鮨屋」を考えた時、この“おこのみ立ち食いスタイル”に行き着き、リニューアルに踏み切ったのだ。

“立ち食い”とつく店の多くは“安さ”を売りにしている場所が多いが、この店は満足度が違う。

大将の多彩な経験から生み出されるつまみや、本格的な江戸前鮨をしっかりと味わえるが、誰もが望む「美味しいものを気軽に楽しみたい」という願いを叶えてくれる場所なのだ。

「うに」(800円)。しっかりと味を見てから仕入れるうには大将自慢の一貫

うにもまぐろも好きなタイミングで…
贅沢すぎる鮨の楽しみ方がここならできる

最高にお腹が空いているタイミングで味わう一貫目には、やはり自分が一番食べたいネタがいい。

最初から「うに」や「生いくら」、「中トロ」など自由にオーダーしていき、満足したところでパッとお勘定…。なんと粋な鮨の楽しみ方だろう。

寿司ネタも多彩。皮目をサッと炙って供される「カマス」や、生姜、ネギなどの薬味と共に味わう旬の一貫「秋刀魚」など、この時期だからこそ味わうべきネタだけを楽しむのもいい。

「秋刀魚」(350円)

「カマス」(250円)

この時期旬を迎える「生いくら」(500円)

シャリとネタの間に大葉を潜ませた「白イカ」(250円)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo