溺れる男~理性と本能のあいだで~ Vol.6

「今夜お泊まりしよ!」女が覚悟を決めて誘った初夜、男の“まさかの反応”とは

—理性と本能—

どちらが信頼に値するのだろうか
理性に従いすぎるとつまらない、本能に振り回されれば破綻する…

順風満帆な人生を歩んできた一人の男が対照的な二人の女性の間で揺れ動く

男が抱える複雑な感情や様々な葛藤に答えは出るのだろうか…

◆これまでのあらすじ
絵に描いたような清純な婚約者・可奈子(25)がいるにも関わらず、魔性の女・真珠(26)に本能的に惹かれてしまう誠一(30)。

真珠と再会し、完全に真珠に恋していることに気づいてしまった誠一だったが・・・


▶前回:「え、なんで…?」イイ感じだったのに、男が女の部屋から突然追い出された理由


「愛と恋」


「今日から式場見学だね、まずはどこを見るの?」

先日買ったばかりだというフェラガモのツイードワンピースにリボン付きのフラットシューズを合わせた可奈子をタクシーに迎え入れ、僕たちは式場見学へ向かった。

可奈子は今日も控えめだけれど上品で、僕の隣にいるのに相応しい女性だと改めて思う。

彼女の横顔を呑気に見つめていた僕だが、ある一言を聞いた瞬間、僕の背筋にピリっと電流が流れた。

「まずは、六本木のホテルを回ります。今日はグランドハイアットで、明日はリッツカールトン」

—グランドハイアット…

そのホテルの名前を聞いた瞬間、僕の脳裏には真珠(マシロ)の顔が浮かんでしまったのだ。

あの日の真珠との出来事が、鮮明に蘇る……。

【溺れる男~理性と本能のあいだで~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo