個性が際立つビアバーが続々と誕生!お洒落でイマドキな最新店4選


昨今、東京のビアバーがますます進化している。

個性が際立つビールやフードを揃えたり、大衆酒場風でありながら洒脱な雰囲気を醸すなど、大人の心を満たしてくれる店が増えている。

その中でも、必ず行きつけにしたくなる最新店4店をご紹介しよう!

金融街の地下にはブルックリン風のビアバーが広がっている
『B』@日本橋

日本一の金融街で〝こと始めの街〞としても知られる日本橋・兜町。

1923年に竣工した元第一銀行別館の外観をそのまま生かし、誕生した複合施設『K5』の地階に、世界初の『ブルックリン・ブルワリー』のフラッグシップ店『B』が誕生した。

ブルックリンのビアバーさながらの雰囲気の店内。都会的なオーラに包まれた空間は足を踏み入れた瞬間から気分が高揚する。

NYに誕生し、いまでは世界中のクラフトビールファンを夢中にさせている『ブルックリン・ブルワリー』初の旗艦店では、定番はもちろん、日本初登場の直輸入ビール、熟成ビールなど様々な種類を揃えている。

新しいスタイルで楽しむ〝ビールこと始め〞にふさわしい1軒で刺激的な時間を過ごしたい。

瓶内で熟成させた「熟成ビール」のビッグボトル。750ml¥4,500~

新しいムーブメントを巻き起こすこと間違いなしなのがボトル単位で購入し、ヴィンテージの違いを楽しむ「熟成ビール」。

生産数が少ない希少な年代のものも多く、レア感が抜群。飲み慣れた大人の好奇心をくすぐる。

大人向けのデザートが登場。バニラアイスに熟成ビールを注いだ「アフォガード」だ。

バニラアイスは『BLACK OPS』のビンテージボトルを注文した人へサービスで提供している。

「燻製唐辛子とトマトのマリネチキン」、「アンガスビーフのカットステーキ」各¥350~

名物メニューの「タコス」は常時9種ほど用意。

NYの本店にはない日本限定のオリジナルメニューだ。

ビール好きが集う秘密基地が恵比寿の駅前にあった!
『I BREW』@恵比寿

恵比寿にはクラフトビールを揃える店が多くあるが、界隈イチの穴場と評判なのがここ、『I BREW』だ。

駅から徒歩1分と抜群に便利な立地でありながら、隠れ家的な雰囲気が満載。 ビル地階の重厚な鉄扉を開くと、アメリカ映画に登場するビアバーのような洒脱な空間があらわれる。

圧巻なのは、カウンター越しの47ものタップ。日によっては海外のユニークな銘柄や受注生産の限定ビールが登場することもあるとか。

そして意外なのはその値段。1杯1,000円前後する印象のクラフトビールだが、気軽に楽しんでほしいとの思いからハーフ390円、パイント690円という驚きの価格で提供。

洒落た空間と気軽な価格帯を揃えた色々なシーンで重宝する一店。遊び慣れた大人が多いのも納得だ。

柵に囲まれた部屋には、ローチェアが置かれている。キャンプスペースのような空間。

「ビアフライト(5種)」¥1,090

自分で銘柄を選び、紙に記入して注文する。

ほかに3種や10種も用意。

自分で銘柄が選べるのがなんとも楽しい。

「フィリーチーズステーキサンド」¥890

柔らかく煮込んだ牛バラ肉にスパイスをきかせたボリューミーなメニュー。

きりっとした爽やかなクラフトビールに合わせて豪快に頬張りたい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo