デート事情2020 Vol.2

港区を卒業した“ウェイ系”外銀男32歳。彼を激変させたデートとは

異性と出会い、デートをして付き合う。

そんな当たり前だった恋愛のルールが、新型コロナウイルスの出現で様変わりした。

いままでは「レストランや映画デートなどを3~4回繰り返して付き合う」というのがスタンダードだった人も多いはず。

ではそれがこの時代に、一体どう変化しているのだろうか?

東カレ編集部が、インタビューを通して、その真髄に切り込む。

▶前回:「デート3回で20万が、相場だった」元外銀男の“新しいデート様式”での悲惨な実情とは


港区女子と、昼間からの“変わったデート”にハマってしまった男


焼けた肌に白シャツが映える。爽やかに微笑む佐々木博人さん(仮名・32歳)は、外資系証券会社に勤めるエリートサラリーマンだ。

佐々木さんは数年前に“港区男子”として取材を受けてくれたことがあったのだが、その頃に感じた“ギラギラ感”とは相反するような爽やかなオーラを放っている。
......


【デート事情2020】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo