夏の恋 Vol.10

「もし妻ではなく、彼女と結婚していたら…?」夫婦仲に悩む男が、溺れかけた女とは

今年も、夏がやってきた。

青い空、燦々と降り注ぐ太陽。そしてバケーションへの期待。

夏はいつだって、人々の心を開放的にさせるのだ。

そんな季節だからこそ、あなたは“夏の恋”を経験したことはないだろうかー?

▶前回:「結婚はまだ…?」女が、部屋の更新というキッカケで知った、男との“温度差”とは


―本当は私、“夏の帆”って書いて、夏帆っていう名前のはずだったの。

8月のよく晴れた、ある昼下がり。

僕は逗子海岸の波に揺られながら、ある女性の言葉を思い出していた。

沖では、慶應時代のウィンドサーフィン部の仲間が、気持ちよさそうに波に乗っている。

今日は男4......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
相手の女性がいい人だなぁ
2020/08/12 05:5899+返信1件
No Name
「実力を見せてやるよ」って
何をどうするつもりだったのだろう
2020/08/12 05:4699+返信4件
No Name
子供が出来ないって事で他の女性に走るのはいかがなもんかね。
辛い思いをしているのは奥さんだって同じだろうに。
2020/08/12 06:5295返信1件
No Name
主人公の男性に対して思うことは特にないけど、
ラストで奥様が幸せそうだったことだけは純粋に『良かった』と思った!
2020/08/12 06:1747
No Name
夏の恋シリーズ、終了ですね
良い話と訳がわからない話と
触れ幅の大きな連載でした
2020/08/12 06:0937返信5件
もっと見る ( 50 件 )

【夏の恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo